良質な革こそ、心を込めたお手入れを

sotの製品に限らず、革製品を買う方にとっての一番の心配が「お手入れ」だと思います。
良い革こそ、メンテナンスがとても重要です。

お気に入りの革製品を少しでも長く、綺麗に使いたいですよね。

今回は、日常のメンテナンス方法やおすすめのグッズなど、レザーのお手入れ方法についてご紹介いたします。

 

ご用意いただくもの

「革製品のお手入れ」といっても、方法は様々です。
用途に合わせて、メンテナンス用品を揃えることをおすすめします。

メンテナンスの手順をご説明する前に、職人も使うメンテンス用品をご紹介いたします。

  • ブラシ
  • 革専用のオイル
  • 布2枚(オイル用と乾拭き用)
  • 防水スプレー(必要に応じて)

 

<メンテナンスの手順>

ほこりを落とす

ブラシを使って表面のほこりを落としていきます。
力を入れすぎると痛みに繋がってしまいますので、撫でるように優しく行ってください。

オイルを入れる

オイルを入れていきます。
革用のオイルを1円玉ぐらい布に取り、さっと全体に馴染ませます。
付け過ぎるとシミの原因になってしまいますので、薄くまんべんなく伸ばしてください。

少し置く

ここで一旦ひと休みです。
目安としては1時間ぐらい寝かせて、革にオイルが浸透するのを待ちます。
仕上げに乾拭きをしたら一通りのメンテナンスは終わりです。

今回ご紹介させて頂いた方法はあくまでも代表的なひとつです。
素材や使用するオイルによって方法が変わったりもするので、判断が難しい場合は店頭スタッフにお気軽にお尋ねください。

<ご注意ください>
※ プエブロレザーは使い始めにオイルを塗ってしまうと革本来の経年変化が楽しめませんので、ツヤ・色に深みが現れてからのお手入れをおすすめしています。
※ 軽いひっかき傷程度でしたら、オイルを使用しなくても、乾拭きをすると目立たなくなりますのでお試しください。