今回は革製品のお手入れに使うブラシについてお話します。

日々のお手入れにはブラッシングを欠かすことはできません。

革製品をより綺麗に使いたいのであれば、革製品専用のブラシを用意することをおすすめします。

その理由と、sot(ソット)から発売中の馬毛ブラシをご紹介します。

馬毛ブラシとは

お手入れ専用のブラシは必要?

革製品のお手入れには「クリーナー」や「クリーム」などを使いますが、その前に必要となるのがブラッシングによる表面の汚れ落としです。

この工程を抜いてしまうと、のちにより汚れが取りづらくなったり、クリームを塗布しても光沢感が出にくくなるといったデメリットがあります。

お手入れの基本の「き」がブラッシングと覚えておくとよいでしょう。

ブラシはブラシでも

一口にブラシと言っても、さまざまな毛を使ったブラシがありますが、ブラッシング用のブラシ選びで大切なのは「馬毛かどうか」という点です。

ブラシには馬毛ブラシのほかに、山羊毛や豚毛を使ったブラシなどがありますが、革製品の汚れ落としに最適なのが馬毛ブラシ。

適度な硬さとしなやかさを持ち合わせる馬毛は、目に見えないような埃や汚れを綺麗に落とすことができる素材。

力を入れずとも、簡単に革表面に美しい光沢をもたらすことができ、お手入れが格段にうまく仕上がります。

ブラシの素材選びを誤ってしまうと、うまく汚れを落とすことができないのはもちろんのこと、場合によっては革を傷つけてしまうこともあるので、しっかりと素材を確認してから購入しましょう。

sot(ソット)オリジナル馬毛ブラシのご紹介

sotでは革製品専用の馬毛ブラシを販売しています。

コンパクトなサイズでしっかりと持つことができ、軽い力でもしっかりとブラッシングを行うことができます。

財布や靴など、さまざま革製品のお手入れにお使いいただけます。

手が小さい人でも使いやすい設計

市場に出回っている馬毛ブラシを見るとまず感じるのがサイズが大きすぎるということ。

大きなブラシは女性や手の小さな男性にはとても持ちずらく、力を入れてブラッシングをすることができません。

しかし、このオリジナルの馬毛ブラシは、コンパクトで持ちやすいサイズ感に加え、側面に凹みを作ることによって指をひっかけることができるので、しっかりと力を入れてブラッシングをすることができます。

また、大きなブラシよりも小回りが利くので、細かな箇所のブラッシングも楽に行うことができます。

リンク:オンラインストア / 馬毛ブラシ

革製品の汚れ落としはお任せあれ!オリジナルブラシとクロスが誕生。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は革製品のお手入れには欠かすことのできない馬毛ブラシについてお話ししました。

「新しく革製品を買った!」
「エイジングを楽しみたい!」
「馬毛ブラシを持っていない。。」

という方はぜひ馬毛ブラシを使った定期的なお手入れで、綺麗なエンジングを楽しみましょう。

リンク:オンラインストア / メンテナンス用品一覧

エイジングはどうして起こるのか。綺麗に色を変化させるコツもご紹介。

【必需品】革製品の手入れにはポリッシングクロスが便利