今回は、吉日のひとつ「巳の日」について解説します。

芸術の神として知られる弁財天との結びつきが強い巳の日は、運気上昇はもちろん、金運がアップする日としても知られています。

そんな巳の日にやるべきことと、やるべきでないことをご紹介していきます。

さらに、巳の日よりもより大きな金運アップ効果のある「己巳の日」についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

巳の日とは

巳の日(みのひ)は周期としては約20日~40日の間に1回訪れる、暦の上の吉日のひとつです。

巳(み)はヘビのことを指しており、このヘビは七福神の弁財天の遣いとされています。

これまでに「弁財天の頭上にヘビが乗っている光景を一度は見たことがある!」という方も多いのではないでしょうか?

弁財天は、芸術・芸能・勝負事・学力・学問などなど、様々な分野の運気を上げる神とされており、財運をアップさせる力も持っています。

そんな弁財天とのつながりが強い日が巳の日なのです。

巳の日にやるべきこと

神社の参拝

日本全国に弁財天を祀っている神社はたくさん存在しています。

巳の日には、弁財天を祀っている神社を参拝するのがよいでしょう。

有名な社には、広島の厳島神社や神奈川県の江島神社などがあり、実際に巳の日には多くの芸能人やスポーツ選手が神社を参拝するそうですよ!

才能を開花させる日に

先ほどもご紹介した通り、弁財天は芸術・芸能に関係する神であるため、自分の才能を開花させるきっかけに巳の日を使ってみるのもよいでしょう。

転職や展示会の開催、発表会の申し込みなどもこの日に合わせて行うとよいとされています。

財布の買い替え

巳の日は寅の日に比べ、より金運をアップさせる力が強い日。

財布を買い替えたり、財布を使い始める日を巳の日にすることによって、金運がアップするとされています。

また、財布には金色を選んだり、ヘビの抜け殻を財布に入れるとより金運がアップするといわれています。

気になる方は、ぜひ下記のコラムから今年の財布の購入に絶好な日を確認してみてくださいね。

お金を洗うと財運がさらにアップ

巳の日にさらなる金運アップを目指したい!という方におすすめなのが、1万円札を神社で洗って清めるという「銭洗い」。

弁財天はもともと水から生まれた神で、水との関係がとても密接なので、銭洗いはとても縁起が良いとされている行為なんです。

この銭洗いは“銭洗い神社”と呼ばれる神社で体験することができます。

東京では日本橋にある小綱神社が有名で、清めた1万円は種銭(たねせん)と呼ばれ、この種銭を財布に戻すことで大きな金運がやってくるといわれています。

かなり興味深く、ぜひ試したいものですね。

巳の日にやってはいけないこと

巳の日にやってはいけないことは特にはありませんが、大きな支出などには気を付けましょう。

己巳の日とは

己巳の日は60日に1度やってくる日で、己巳の日(つちのとみのひ)と呼ばれます。

この日は巳の日に比べて格段に金運がアップする縁起の良い日で、この日に銭洗いなどをすることもおすすめとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は巳の日(みのひ)について解説しました。

巳の日は財布の買い替えにぴったりな日であるのはもちろん、芸術・芸能に生きる人々にとってとても大切な日であることがお分かりいただけたかと思います。

また、より運気上昇が見込める己巳の日(つちのとみのひ)も要注目。

sot(ソット)では、より金運を上げるための秘訣などをコラムにてご紹介しています。

気になる方はぜひ下記のコラムなども併せてご覧ください。

【財布×風水】購入時期や色の効果を徹底解説!金運アップを目指す人へ