天恩日とは

天恩日とは、暦上の吉日のひとつで、(てんおんにち)または(てんおんび)とも呼ばれます。

“天の恩恵を受ける日”とされ、婚礼や慶事を行うと良いといわれています。

この天恩日は5日連続で訪れるため、吉日が続く期間として知られています。

今回は、そんな自分自身の成長につながるような、大きな一歩を踏み出すのには大変良い日とされている「天恩日」にしておいたほうがよいこと、してはいけないことなどをご紹介していきます。

天恩日にやるべきこと

婚礼などの慶事

天恩日は婚礼に向いている日です。

天の恩恵を受ける日に素晴らしい結婚式ができるよう、挙式の予定がある方は日程を調整してみてはいかがでしょうか?

習い事や事業

また、天恩日は習い事や事業をスタートさせるのにもぴったりな日となっています。

今までやろうと思っていたことや、夢に向かって第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

財布の買い替え

天恩日に金運に関する神社を参拝すると、金運がアップするといわれています。

また、天恩日はいつもお世話になっている人にプレゼントを贈るなど、人に喜ばれることをすると天の恩恵をより受けやすくなるともいわれているので、財布のプレゼントにもぴたったりでしょう。

金運が上がる一粒万倍日や寅の日なども財布の買い替えにはぴったりの日となっています。

気になる方はぜひ下記のコラムから今年の財布の購入に絶好な日を確認してみてくださいね。

【2022~2023年最新版】財布の使い始めに絶好な開運カレンダー

天恩日にやってはいけないこと

葬式などの弔事

天恩日にやってはいけないことはお葬式です。

できるだけ日を変えるなどして対応しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は天恩日についてご紹介しました。

天恩日は「空亡の日」と重なる日以外はとても縁起の良い日となっていますので、お祝い事開催や物事をスタートするきっかけにしてみてはいかがでしょう?

また、天恩日は天赦日と重なると効果が増大するといわれていますので、ぜひ覚えておきましょう。

それではみなさま素敵な天恩日をお過ごしください。

天赦日とは。1年に5回だけやってくる最強の開運日

【財布×風水】購入時期や色の効果を徹底解説!金運アップを目指す人へ