日本の夏の風物詩「扇子」。
近年はモダンなデザインのものも増えており、若者や海外の人の間で人気上昇中です。

そんな扇子の生産地として名高い京都で作られた扇子は「京扇子」と呼ばれ、
平安時代から続く古い歴史とその美しさで多くの人を魅了し続けています。

今回はそんな”京扇子の歴史”と”本場である京都でsotが革を使って作った革京扇子“をご紹介します。

京扇子とは

京扇子は、製造を京都府 • 滋賀県を中心とした地域で一貫して行ったものを指します。
「京扇子」という呼び名は京都扇子団扇商工協同組合だけが使用できるものです。

扇子が出来るまでに骨作りから地紙作り、絵付け、組み立てなど約88行程にも及ぶ工程があり、
ほとんどが手作業で高度な技術を要するため、それぞれの工程が分業で作られています。

京扇子の歴史

京扇子の歴史は古く、発祥は今から約1200年前の平安時代にまで遡ります。
材料の一つである竹の品質が良い地域が京都に多くあったことで一躍産地となりました。

今では扇子は多くの人が暑い日に涼を取る道具としての認識がほどんどですが、当時は紙が貴重だったこともあり、京都に住む貴族のみが使うものでした。

また主な用途としては、和歌などを書くメモを書くためのものでした。
その後女性が文字ではなく絵を描いていくようになり、今のようなデザイン性が兼ね備えられたと言われています。

京扇子の特徴

京扇子は実用的な扇子はもちろん、儀式的な場面で使うものまで様々な種類がありますが、どれも上品さと優雅な佇まいが感じられるのが一番の特徴です。
他の扇子とは異なり、扇骨と呼ばれる芯の数が多く、滑らかな開閉と美しい印象を与えます。

また熟練された職人技術と上質な竹を掛け合わせることで、ピシッと綺麗に閉じることができ、また強度や状態の悪化を防ぐことができます。

革と扇子を組み合わせたsot(ソット)の革京扇子

sotでは数年前から革を使った京扇子を販売しています。

「革を使って日本の伝統工芸品を作ってみたい」という思いから制作の構想が生まれ、
京都の老舗扇子メーカーにご協力をいただいて丁寧に作りつづけています。

革は羊革を使い、“開閉のしやすさ”“しなやかさ”を両立する為に丁寧に薄く加工しています。
また強度を持たせる為に、シルク生地を革の裏面に合わせ補強しています。

大切な扇子を守る撥水性のある革で作られた専用ケースが付き、
どんな場所でも気軽に扇子を持ち運び楽しめるようにしました。

(リンク:革京扇子の商品ページ

まとめ

いかがでしょうか?
古くからの歴史を知ると、より扇子を楽しんで使うことができそうですよね。

ひとつひとつが丁寧に作られる京扇子。
一風変わったsot(ソット)の革を使った扇子を使ってみませんか?

実際に使うのもよし、飾るのもよし。
いろんな場面で楽しんでいただけると思います。