革製品の日常ケアにはブラシングがとても大切です。
オイルやクリームとは違い、誰でも手軽に行えるのが特徴。

ただ、「どのタイミングでブラッシングすればいいのか分からない。」
という理由でブラシの購入を躊躇っている方も多いと感じています。

今回は、そんな革製品のケアの正しいブラッシングの仕方をご紹介します!

革製品をブラッシングする理由

革製品には人間の肌同様、表面には毛穴などの細かい隙間がたくさんあります。
使っていくうちにその隙間にホコリや汚れが溜まっていくのです。
それを、製品を傷つけることなく落とすために、ブラッシングをします。

ブラシの大きさや形状は、ブラッシングの良しあしにはほとんど関係ありません。

しかしながらブラシの毛の柔らかさ、硬さはケアの効果に大きく関係しています。

馬毛ブラシは、豚毛ブラシなどに比べて適度な弾力があったりと、
毛の“しなり具合”で、ケアをする革製品の状態が変わることもあります。

【簡単】所要時間たった5分。革靴の日々のお手入れ方法をご紹介!雨に濡れてしまった場合の対処法も◎

ブラシの使い方

ではどんな時にブラッシングをするのがいいのかをご説明します。

ケアの場面によって使うブラシを使い分けると、
ものすごくうまくブラッシングの効果を革製品に伝えることができるのです。

主なケアの手順と一緒に、おすすめのブラシとブラッシングの方法をご紹介します。

①表面の汚れ(泥やホコリ)を払い落とす。

柔らかい毛の馬毛ブラシがおすすめです。

馬毛ブラシは毛が適度にしなるため、
大まかな汚れを取る際には毛と革製品の接地面が広いので、効率よく汚れを落とすことができるのです。

②靴クリームを塗る。

小さなブラシを使いましょう。
歯ブラシ型と呼ばれるブラシやペネトレイトブラシでブラッシングすると、
非常に効率よくクリームを塗ることができます。

リンク:Collonil 1909 アプリケーションブラシの商品ページ

布を使ってクリームを塗る方が多いですが、おすすめはブラシを使うこと。

理由は大きく3つ。

まずはブラシのほうが、布を使ってクリームを塗るのに比べて均等なクリームを全体にまんべんなく塗ることができます。
また、手を汚さずにケアができる点や、布に無駄なクリームが吸収されないので、クリームの無駄な消化がなくなるのです。

③靴クリームを塗った後、クリームを伸ばしたり、馴染ませたりする。

毛の硬い、豚毛のブラシの使用をおすすめします。

②で小さなブラシを使って伸ばしたクリームは、
革表面の小さな皺や、毛穴、コバの隙間などに余分なクリームが付着してしまう場合が多いんです。
これを取り除くには、余分なクリームを取り除くことができる、毛のしっかりとしたブラシを使いましょう。

よく硬いブラシでのブラッシングは、革を傷つけてしまうと思っている方も多いですが、
羊革などを除けばそのリスクはあまりないので、ご安心ください。

④ケアの仕上げや簡単なブラッシング。

柔らかい毛のブラシを使いましょう。
①と同様、馬毛ブラシがおすすめです。

おすすめの馬毛ブラシ

馬毛ブラシは持ち手の木の部分と馬毛の素材が異なります。
それでは、sotがおすすめする馬毛ブラシをいくつかご紹介します。

コロニル 馬毛ブラシ(ポリッシングブラシ)

防水スプレーやシューキーパーを販売する人気メーカー「Collonil(コロニル)」のおすすめ馬毛ブラシです。

コロニルは、1909年にザルツェンブロット社によって創業されたオリジナルブランドで、世界100ヶ国で販売されているレザーケアアイテムの大手です。“皮革に優しい・人体に優しい・環境に優しい”をコンセンプトにし、高品質なアイテムを生み出し続けています。

誰でも手軽に使える馬毛ブラシは、手ごろな価格ですが品質も素晴らしい人気アイテムです。

商品の購入はこちら

革製品を清潔にケア

いかがでしょうか?
革製品は、長い間使えば使うほど理想的な風合いに仕上がります。

ブラッシングの重要性を再認識して、上手に使いこなすことができれば、
革製品だけが持つ、あの透明感のある艶をもっと楽しめること間違いなし。

きれいな状態で愛用品を長期間使うためにも、
ブラッシングでしっかりと革製品の日常ケアをしてあげましょう。

もっと愛用品が大好きになるはずです。

革靴のカビ対策法(予防・除去)をご紹介◎