はじめに

「革製品にはお手入れが必要」ということは沢山の方がすでに認識されていると思います。

このページをご覧になっているあなたも「どのようにお手入れをすればよいのかわからない」「勝手にお手入れをしたことで、逆に汚くなってしまうのではないか」と感じているのではないでしょうか?

財布を長くきれいに使うには正しいお手入れ方法を知っておくことは、使い続ける上でとても大切で製品寿命に大きく影響します。

なんだか難しそうに感じる革のお手入れですが、実は汚れ落としのようなお手入れは購入直後から必要になるものの、クリームなど使った本格的なお手入れは数か月~数年は必要ありません。

そういった意味でも、革財布のお手入れを難しく考える必要はないのです。

良質な革こそ、心を込めたお手入れを

革(皮)も元々は動物の肌。

つまり私たちの普段のスキンケアと基本的にはあまり変わらないと考えることもできるのです。

我々のスキンケア同様にしっかりと革も保湿をして潤いを与えてあげる必要があるのです。

お気に入りの革財布を少しでも長く、綺麗に使うためにもこまめにお手入れをする努力は必要不可欠です。

いつからお手入れをすればいいの?

使用直後から革の表面には小さな埃や塵が貯まっていきます。

日々のお手入れとしてはブラッシングで表面を掃除してあげましょう。

クリーム使った本格的なお手入れはタンニンレザーのような経年変化(エイジング)が起こるタイプの革は経年変化後に行います。

革内部にもともと含まれていた油分は、使用年数とともに減少して乾燥やひび割れを引き起こします。

極度の乾燥が見られる前にクリームを使った保湿が必要ですが、購入直後にクリームを入れてしまうと、せっかくの美しい初期の表情が損なわれますので注意してください。

用意するもの

まずは基本的な日々のメンテナンスに使える商品をご紹介します。

どれも必要性の高いメンテナンス用品ですので、革財布の購入と併せて揃えることをおすすめします。

Collonil(コロニル)のメンテナンス用品特集

日々のお手入れ方法(メンテナンス)

ここからは革財布について、日々のメンテナンス方法についてご紹介します。

日々のメンテナンスといっても、毎日する必要は必ずしもありません。

時間があるときに行ったり、3日に一回程度はブラッシングだけをすることでも十分ですので、まずはできる範囲からトライしてみましょう。

ブラッシングで表面の汚れを落とす

馬毛ブラシを使って表面の埃や塵を落としていきます。

力を入れすぎると逆に革に傷をつけてしまう恐れがあるので、ブラッシングは撫でるように優しく行ってください。

ポイント

革財布のお手入れに使うブラシには「馬毛ブラシ」「豚毛ブラシ」「山羊毛ブラシ」など様々な種類がありますが、馬毛はこのブラッシングに最も適した素材となります。

ブラッシングで革製品を清潔に

クリームを塗って保湿を

革表面がきれいになったら、次は革用のクリームを使います。

クリームは乳化性で革の色を選ばないカラーレスのものを選ぶことをおすすめします。

1円玉の大きさ程度のクリームをクロスに取り、さっと全体に馴染ませます。

この時にクリームをつけ過ぎるとシミの原因になってしまう恐れがあるので、薄くまんべんなくクロスを使って伸ばしてください。

ポイント

クリームを塗るときには豚毛ブラシを使ったペネトレイトブラシの使用もおすすめです。

クリームを浸透させて磨き上げる

ここで一旦ひと休み。

目安として5分から10分間、革内部にクリームの成分が浸透するのを待ちます。

しっかりと表面が乾いたら、仕上げにクロスの綺麗な面を使って乾拭きをします。

以上で日々のメンテナンスは終わりです。

ポイント

仕上げの乾拭きにはクロス以外に山羊毛ブラシの使用が効果的です。

山羊ブラシは価格が高いですが、柔らかな毛で革に光沢を与えてくれます。

クリームを使い始めるタイミングを間違えると革本来の魅力を消してしまう恐れがあります、クリームの使用は革がエイジングした後に行うよう、十分に注意してください。

特別なお手入れについて

ここからは、よくある革財布に関するご質問やトラブルをまとめ、予防方法と対応方法をまとめました。

毎日行う必要はありませんが、数か月に一度の頻度で財布のあらゆる部分の状態をチェックしておきましょう。

乾燥を防ぐことがなによりも大切

極度に乾燥をしてしまうと革はひび割れて元の状態に戻すことがほぼ不可能となります。

また、軽度の乾燥でも色移りや色落ちのリスクが高まるため、適度に蜜蝋ワックスなどを使って革の保湿をしておくことが何よりも大切なのです。

使用頻度にもよりますが、1か月に1回など、革の乾燥具合を見ながら塗って栄養補給してあげましょう。

蜜蝋ワックス『ハチロウ』のご紹介◎ 革製品やファスナーのメンテナンスに。

擦れて色が薄くなった部分を元に戻そう

よく擦れてしまう財布の四隅部分。

財布の一部分の色が薄くなっている場合には、補色クリームを塗って見栄えをよくすることが可能です。

補色の方法は覚えてしまえば簡単ですので、気になる方はぜひ下記コラムをチェックしてみてください。

補色について。傷やスレ痕を綺麗に戻す方法。

水に濡れてしまったら早めの対応を

革に水は大敵。

塗れてしまった場合はできるだけ早く水分を吸収して自然乾燥させてあげましょう。

この時ドライヤーなどを使うと革が乾燥してダメージを与えてしまうので注意してください。

その他アルコールのシミや油性のボールペン跡などは、残念ながら元に戻すことができないのでこちらも注意が必要です。

コバの状態もしっかりとチェックを

長年使い続けるとひび割れてくるコバ。

主な原因はダメージの蓄積と乾燥です。

コバ磨き専用のクリームもありますので、ぜひ利用したいところです。

コバとは。革製品に欠かせない重要な部分の魅力に迫る。

金具の緑青が気になったら

本革製品の金具周りに付着する緑青色の錆を緑青(ろくしょう)といいます。

緑青は身体に害はなく、簡単に取り除くことができます。

気になる方は下記のコラムを読んで除去してみてください。

緑青とはなにか。金具周りに付いたときの落とし方など◎

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は革財布のお手入れ方法についてご紹介しました。

革財布のお手入れといっても、そのやり方は様々で、今回ご紹介させていただいたお手入れ方法はあくまでも代表的な方法となります。

すべての革製品に対応するものではありませんのであらかじめご了承ください。

お手入れの方法など、ご自身で判断が難しい場合は店舗スタッフにお気軽にお尋ねください。

リンク:メンテナンス用品一覧

エイジングはどうして起こるのか。綺麗に色を変化させるコツもご紹介。