水濡れや湿気は革にとって天敵です。

急な雨やアクシデントによって革製品にシミができるのは大変嫌ですよね。

革靴はもちろん、革製品を長くきれいな状態で持続させるためには、防水スプレーの使用方法を正しく知っておくことが大切。

今回は、雨などの水分から革製品からしっかりと守る、防水スプレーの正しい使い方をご紹介します。

防水スプレーについて

防水スプレー≒撥水スプレー

従来革の防水というのは、表面にミンクオイルやシリコンオイルを塗って、水が革の内部に浸透することを防ぐことを防水と呼んでいました。

ただ、このオイルを使うことによって、革の表面にオイルの膜が張ると、本革素材の長所でもある優れた通気性が失われるという問題がありました。

そこで生まれたのがフッ素樹脂を使った撥水スプレー。
革本来の特質を劣化させることなく、しっかりと水を弾く撥水スプレーが、日々開発されています。

ミンクオイルの使い方!革の強力な保湿に。

細かく分別すると「撥水」と「防水」では意味が全くと言っていいほど異なりますが、皮革ケア用のスプレーにおいては「防水スプレー」という名が一般的に認知されています。

※以下このコラムではすべて防水スプレーと呼び名を統一します。

防水スプレーに欠かせない「フッ素樹脂」の働き

一般的に「防水スプレー」は高い撥水効果を持つ「フッ素樹脂」をベースとして作られています。

フッ素樹脂はフライパンのテフロン加工にも使われている樹脂でもあり、フッ素樹脂は革の繊維の奥まで成分が染み込むので、表面にスプレーによる成分膜ができず、通気性が失われることもありません。

防水スプレーの種類

防水スプレーには大きく分けてフッ素系とシリコン系の2つの種類があります。

簡潔にまとめるとフッ素系のものをおすすめしますが、2つの違いについて簡単にご説明します。

フッ素系

革の繊維にフッ素樹脂を浸透させることで撥水効果をもたらします。

革の通気性と風合いを損なうことなく使用でき、カビやシミの発生などを防げるのも大きなメリット。

詳しい防水スプレーの使い方がわからなくても比較的使いやすいのも特徴です。

スムーズレザーのほか、スエードにも使用可能◎

デメリットとしては、フッ素系のスプレーの撥水効果は長持ちはしませんので、定期的に使うことが重要となります。

シリコン系

表面に皮膜を作ることにより、革の繊維の隙間を埋めます。

表面をコーティングするため、効果に即効性はありますが、一方で通気性が失われてしまうために革の劣化が進行してしまう恐れがあります。

またカビの原因になる可能性がありますので、防水スプレーの使い方に自信がない方にはおすすめできません。

雨の日の革靴。雨ジミができた時の対処法。その他のシミについても。

おすすめの防水スプレー

今回ご紹介するのは、コロニルの「1909シュプリームプロテクトスプレー」です。

このスプレーは、先ほどご紹介したフッ化炭素樹脂と皮革への浸透性が高いシーダーウッドオイルをブレンドした防水スプレーで、高い撥水効果と保革・栄養効果を持ち合わせたスプレーです。

こちらもスムースレザーのような起毛皮革をはじめ、メタリック仕上げやプリントレザーなど、様々な皮革製品に使用できます。

リンク:1909シュプリームプロテクトスプレーの商品ページ

防水スプレーの使い方について

使用前の注意

防水スプレーをするときはベランダや玄関先など十分に換気されている場所を選び、室内で行う場合は、きちんと窓を開けて空気が入れ替わる状態を作ってください。

また、床に防水液が落ちることがあるので、できれば室内は控えましょう。

革靴に防水スプレーをしよう

使用する頻度やタイミング

防水スプレーの使用頻度は使い方にもよりますが、多くても週2~3回ほどにしたいところです。

革靴の場合、直接雨に濡れる危険性が高いので、よく防水スプレーをしておきましょう。

その他革製品は、一回の雨につき1回が基本で、防水効果の持続期間は1週間程度です。

準備するもの

  • 防水スプレー
  • ブラシ
  • マスク、ゴム手袋
  • 革靴

革製品が濡れていないことを確認してください。

もし濡れている場合は、きちんと乾かしてから使用するようにしましょう。

革靴であれば、靴紐はきちんと外しておきましょう。

革のカビ。対策法(予防・除去方法)をご紹介◎

防水スプレーの使用手順

1. ホコリや汚れをとる

柔らかくきれいな布で乾拭きをし、革の表面のホコリや汚れを落とします。
汚れの溜まりやすい縫い目部分も念入りに行うことを意識しましょう。

2. 防水スプレーを吹きかける

均等に液が付着するよう、30cmほど離して防水スプレーをかけましょう。

濡れたように色が変わりますが、乾いたら元に戻るので問題ありません。

初めて使用する場合は、目立たない部分で試し、確認することをおすすめします。

3. 乾かす

忘れがちですが、効果を出すためには乾燥は非常に重要です。

防水スプレーを革に馴染ませるために、約30分ほど時間を置きます。

表面が乾いたら、柔らかくきれいな布で軽く拭いてください。

見えにくいところに1、2滴の水をかけてみて、水が弾かれることが確認できれば完璧です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

防水スプレーは正しい使い方を知ったうえで使用することで、あらゆる危険性から革製品を守ってくれます。

シミなどを作ってしまう原因にもなります。

今回ご紹介したスプレーは、革の内部に栄養も与えることができる、とても優れた防水スプレーとなっていますので、ぜひチェックしてみてください!

【簡単】所要時間たった5分。革靴の日々のお手入れ方法をご紹介!革靴の正しい保管方法も◎