今回は、sotの扱うお財布の中でも圧倒的な人気を誇る「プレブロレザー二つ折り財布」をご紹介します。

販売からお陰様で、累計販売数が10,000個を超え、ご自身用のみならず、プレゼントにも人気を頂いています。

ユーザーの方からいただいた、“使いやすさを感じる点”をまとめました。

また、限定の店舗でしか手に入らない、特別モデルもご紹介します◎

素材について

価格以上の贅沢な素材

使用しているのはイタリアはトスカーナ州に伝わるプエブロレザー。

プエブロレザーは、現地に古くから伝わる革の鞣し製法である「バゲッタ製法」を継承し、丁寧に時間をかけて作られています。

このバゲッタ製法は化学薬品を一切使わず、天然の植物タンニンが使われる製法で、純度の高い牛脚油を贅沢に使い、長時間をかけて浸透させます。

一般的な革の何倍もの時間をかけて作られたプエブロレザーは、程よいしなやかさがあり、手に馴染みやすく、多少の水分にも耐性を持った特別な革に仕上がっています。

また、牛脚油に含まれる「オレイン酸」の効果により、劣化もしにくい素材です。

革の表面はあえて擦り毛羽立たされており、真鍮ブラシによってその毛羽立ちを寝かしつけるように磨き上げられています。

独特なマットな質感で、独特のデザイン性を演出しています。

イタリアの伝統的な味が出る、美しい「経年変化」

プエブロレザーを語るうえで外せないのが、美しい経年変化。

普段使う中で起こる、摩擦や光に反応し、革の内部からオイルが浮き出ることで、深い色味への変化と、ツルツルとした手触り、そして輝かしい光沢が出てくるのです。

タンニン鞣し革の最大の特徴を贅沢に味わえる革となっています。

エイジングはどうして起こるのか。綺麗に色を変化させるコツもご紹介。

使いやすい工夫が詰まった仕様について

作り込みすぎていない、シンプルで使いやすいデザイン

サイズは10cm×11cmの一般的な二つ折り財布サイズ。

厚さは3cmで、使っていくほどに革が馴染み、元の革の張りがなくなってより薄くなっていきます。

また、パイピング加工と呼ばれる、外部からのダメージから守るヘリ巻き加工や、摩擦に強く破れにくく、汚れにくい甲州織を裏地に採用するなど、できるだけ長く愛用していただけるような工夫も施しています。

小銭入れが大きくて使いやすい

小銭入れははボックスマチと呼ばれる、ホックボタンひとつで大量の小銭入れが広がる、どなたでも硬貨が見やすい仕様となっています。

一般的なフラップ型の小銭入れに比べ、作る際の手間がかかるため、一般的な二つ折り財布には珍しい仕様で、このボックスマチ型のお財布を探している方も非常に多いのが特徴です。

カードの収納力も魅力

カードポケットは全部で12か所。

お札の仕切り部分にもカード4枚分のポケットを設けて、より収納力をアップさせています。

小さなお財布にしたいけれど、カードが多くて悩む。。

という方にも安心して使っていただけます。

ただ、カードの入れすぎは、製品の耐久性に悪影響を及ぼす可能性があるため、十分にご注意ください。

WEB・店舗限定カラーのご紹介

◎オンラインストア限定

外と内で色の違う、バイカラーが魅力のオンラインストア限定品です。

外側は爽やかなブルー、内側は落ち着きのあるグレーの組み合わせ。

販売から大好評をいただいております。

気になる方はぜひ下記リンクをご覧ください。

【オンラインストア限定】プエブロレザー blue×grey

◎横浜赤レンガ倉庫店限定

横浜を代表する観光スポット「赤レンガ倉庫」。

赤レンガカラーをモチーフに、深い赤色のプエブロレザーを使用しています。

経年変化により、赤レンガ倉庫のレンガを彷彿とさせる、ワインレッドのような、さらに深い赤色へと変化するのが特徴です。

また、財布の内部には赤レンガ倉庫のオフィシャルのイラスト刻印が施されている為、横浜観光の思い出の品としてもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、sotのお財布の中でも一番人気のプエブロレザー二つ折り財布をご紹介しました。

イタリアが生んだ素晴らしい経年変化が特徴のプエブロレザーに加え、収納力と使いやすさにこだわったデザイン。

どんな方でも使いやすい二つ折り財布となっています。

圧倒的に使いやすい二つ折り財布をお探しの方、ぜひ店頭で製品の良さをご確認ください。

リンク:プエブロ二つ折り財布の商品ページ

財布の修理。修理内容などをご紹介