sotの定番シリーズともいえるプエブロレザー(pueblo)。

あまり聞き馴染みのない言葉ではありますが、実はとても魅力的な特徴を持っています。

今回はそんなプエブロレザー(pueblo)の魅力をご紹介します。

 

職人を魅了する革。プエブロレザーとは

プエブロレザー(pueblo)は、イタリアのトスカーナ州にある世界的に有名なタンナー「バダラッシィ・カルロ社」 により、生後2年以上の雌牛の原皮を使用しバケッタ製法で作られています。

10世紀以上の歴史を持つイタリア伝統のバケッタ製法は、一切化学薬品を使用することなく、
植物性タンニンを用いてなめされた牛革に時間をかけて純度の高い「牛脚油」を加脂していく製法です。

Pueblo Vegetable Tanned Leatherとも呼ばれます。

見た目の特徴は、この細かな傷のようなザラザラ感。

この牛革の表面をあえて擦り毛羽立たせた後、
真鍮ブラシでその毛羽立ちを寝かしつけるように磨き上げ、独特なマットな質感に仕上げているんです。

 

プエブロレザーの経年変化(エイジング)

プエブロレザー(pueblo)の魅力として、経年変化は欠かせません。

使いたてのころから少しずつ変化していき、他にはない唯一無二の革へと進化します。

写真の上が新品で下は2年間使用したものです。

焦がした飴のような、濡れているように見えるほどの素晴らしい艶感は、新品の状態から全く想像できません。

この綺麗に経年変化(エイジング)するという特徴が、職人すらも虜にしてしまう理由の一つです。

 

プエブロレザーのメンテナンス

一般的に、牛革の経年変化を楽しむためには定期的にオイルを塗布するなどのケアが必要ですが、プエブロレザーは特別なケアを行う必要がありません。

特に使い始めは、オイルを塗布すると必要以上にオイルを吸ってしまうことで本来の経年変化が楽しめなくなってしまいますので、あ色の変化やツヤ感がある程度現れてからのケアをおすすめしています。

そのため、誰でも綺麗に経年変化させることができるので、
初めて革を持つという方にもオススメです!

(リンク:プエブロレザー(pueblo)の商品ラインナップ

 

裏地にもこだわり◎高級感際立つ甲州織を使用

sotのプエブロレザー(pueblo)シリーズならではの特徴として、
裏地には、サラサラした手触りで汚れにくい「甲州織」を使用しています。

高級感漂う甲州織。400年の歴史を持つ伝統工芸

 

革の魅力が詰まったプエブロレザーシリーズ

いかがでしょうか?プエブロレザー(pueblo)の魅力をご紹介しました。

プエブロシリーズの商品をぜひチェックしてみてください。

(関連リンク:プエブロレザー(pueblo)の商品ラインナップ