イタリアンレザーが好きな方は知っておくべき、有名タンナーであるバダラッシカルロ社(Badalassi Carlo)。
今回は、そんなバダラッシカルロ社の歴史や製品について説明していきます。

バダラッシカルロ社とは

バダラッシカルロ社(Badalassi Carlo)は、1967年にイタリアのフィレンツェで創業されたタンナーです。
手間がかかるという理由で衰退しかかっていたバケッタ製法を蘇らせたことで有名です。

植物タンニン鞣し(ベジタブルタンニン鞣し)を専門としています。
つまりに世界三大レザーでもあるイタリアンレザーのヌメ革の中心的なタンナーです。

バダラッシカルロ社の歴史

バダラッシカルロ社は、会社の名前にもなっているバダラッシ・カルロ氏により1967年にイタリアで創業されました。
革作りについての研究をしていたカルロ氏は製法についての独自の理論を編み出し、その証明のために会社を創業したそうです。

バケッタ製法にこだわり

バダラッシカルロ社は、創業以来植物タンニン鞣しのバケッタ製法にこだわり、非常に上質な革を提供し続けています。

バケッタ製法は、植物性タンニンをじっくり時間をかけて染み込ませながら鞣す、イタリアンレザーの伝統的な製法のうちの一種です。 しかし、このバケッタ製法は時間と労力がかかることから、当時のイタリアでは衰退しつつありました。
それを見事に蘇らせ、今なお世界中で評価されています。

ちなみに詳細な製法は公になっておらず、トスカーナ地方のタンナーの中で細々と受け継がれています。

バケッタ製法の特徴

バケッタ製法で作られたバケッタレザーにはいくつか特徴があります。

①革のエイジング(経年変化)が早く、使うほどに馴染んでいく魅力

バケッタレザーにはオイルがたっぷりと染み込んでいます。
そのためバケッタレザーのエイジングは、色の深みが濃くなり、艶が特に増すという特徴を持っています。

②希少性の非常に高い伝統技法

現代は化学薬品を使った製法が普及し、手間隙がかからず安くレザーを作ることもできます。
そのためバケッタ製法の希少性は非常に高く、化学薬品では演出できない魅力が詰まっています。

③環境にも優しい、植物由来のタンニンを使用

植物タンニン鞣しは化学薬品を使った鞣し方法とは異なり、環境にも非常に優しいです。

④手に馴染む柔らかな手触り

バケッタレザーはとても柔らかく、しなやかです。 そのため手触りのよさは抜群です。

⑤とても簡単なお手入れ方法

オイルをたっぷり染み込ませて作られたバケッタレザーには特別なメンテナンスが不要です。
毎日使う事で手から油脂が染み込み、傷も目立ちにくくなります。

使う頻度が少ないと乾いてしまうこともあるので、オイルやクリームでの保湿が必要になる場合もあります。

バダラッシカルロ社が生み出した有名な革の数々

バダラッシカルロ社は、ミネルバボックスやプエブロ、ミネルバリスシオなどという有名なレザーを生み出しました。
今の時代にあった、上品でありながらカラーを楽しめるという点で多くの人に支持されています。

プエブロ

毛羽が立っており、和紙のような肌触りが特徴の革です。
財布や鞄、革靴などあらゆる製品において存在感を示します。

プエブロレザーシリーズ(pueblo)。革職人をも魅了する理由とは

ミネルバボックス

シュリンク加工により自然素材の風味豊かなシボがあることが特徴です。
いろんな色に合う、非常に魅力的な革です。

ミネルバリスシオ

革の表面のシワや傷が少ないスムースレザーの仕上げのレザーです。
使い込むと艶が増し、独特の落ち着いた風合いに変化をしていきます。

まとめ

sotではバダラッシカルロ社のイタリアンレザーを多く取り扱っています。
ぜひチェックしてみてください!