画像引用:https://mpg.it

世界には数多くの革を生産する「タンナー」が存在します。

今回は、イタリアはトスカーナ州ピサ県に拠点を置く「M.P.G社(M.P.G Industria Conciaria SRL)」をご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

M.P.G社について

今回ご紹介するM.P.G Industria Conciaria SRL社は、ピサの斜塔で日本人にもよく知られた街でもあるピサ県にあるタンナーです。

革の都とも呼ばれるこの街で育ち、革産業に従事した創業者のダリオ氏。

タンナーの運営に苦労しながらも、現在ではイタリアを代表する大きなタンナーに成長させました。

脈々と受け継がれる革への愛

元々フィレンツェとピサの中間に位置する革産業が盛んなサンタクローチェ・スッラルノ地区で生を享けたダリオ・ジャルディ氏は、革に小さいころから触れていたことで自然な流れで革産業に携わるようになります。

1963年にダリオ氏が友人2人を誘って小さなタンナー(現M.P.G)を創業しました。

当初は経営や資金運用、営業先探しに苦しむも、朝から晩まで働くことでタフな仕事をこなしていきます。

また、初めの数年間は革靴用の革だけを生産していましたが、1970年を境に革づくりの幅を広げ、ファッション用の革をつくるように方針転換を行ったことがきっかけで会社は成長を遂げました。

たった3人でスタートした小さなタンナーは、今では十数人のスタッフを抱えるほどの規模に成長し、ダリオ氏の愛娘であるサンドラ氏とサブリナ氏の2人が会社を運営されています。

大切なのは伝統を守りながら技術向上を図ること


画像引用:https://mpg.it

いい革づくりにはいいタンニンを使うことが不可欠です。

厳選されたタンニンのみを使ったM.P.G社のタンニン鞣し革は、伝統的な製法によってじっくりと時間をかけて鞣されます。

木枠を使って革を乾燥させる工程に多くの時間をかけ、革をゆっくりと寝かせることで、味わいのある風合いを生みだしています。

世界中の顧客を満足させるための技術向上には余念がありません。

ただ過度に革本来の姿を消すような加工はせず、あくまでの基本に忠実な形で技術革新に取り組んでいます。

また、元々に環境負担の少ない本革の魅力の発信もメディアと通して進めています。

なぜ革産業が盛んなの?イタリアンレザーのすべて

M.P.G 社の革を使った製品をご紹介

sot(ソット)では現在M.P.G社の2つの革を採用しています。

ひとつ目が表情に癖のないオイルレザーの「ニューヨーク(NEW YORK)」。

ふたつ目がカラフルな色味と発色の良さが特徴の「イングラッサート(INGRASSATO)」です。

それぞれどちらも魅力ある表情と美しい経年変化をお楽しみいただけます。

ニューヨーク

ニューヨークレザーはオイルがたっぷりと含まれたレザーで、表面のしっとりとした質感が特徴です。

全体的にシンプルな見た目ながら、細かく見ると部位によって革らしい天然の表情も見ることができる、革本来の良さを感じられる素材となっています。

sotの商品では、ドラーロレザー ミニ財布ドラーロレザー 三つ折ミニ財布に採用されています。

イングラッサート

イングラッサートレザーはキャンバスロゴプリントトートのハンドル部分に採用されています。

しなやかな手触りと鮮やかな色味が特徴で明るいカラーが特に人気。

ニューヨークレザーと同じく、使うほどに表面に美しい光沢が生まれてきます。

可愛さ全開!毎日を楽しくさせるレザーキャンバストートバッグ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はイタリアはトスカーナ州に拠点を置くM.P.G社についてご紹介しました。

“毎日何かを変えること、取り組むことが楽しい”と語る祖業者のダリオ氏。

今後の取り組みなどにも期待したいですね。

また、M.P.G社のホームぺージ日本語にも対応にしており、YouTubeでは鞣しの工程を配信しています。

より詳しく革や鞣しについて知りたいという方は、ぜひこちらをご覧になってみてはいかがでしょうか?

コラム「タンナー紹介」ではほかにも数々のタンナーを紹介しています。

ぜひこちらもご覧ください。

タンナー特集。世界や日本の有名タンナーをご紹介