“牛革の王様”としてブッテーロレザー。
それを生産してタンナーは、イタリアのトスカーナ地方にある小さなタンナー「ワルピエ社」です。

今回は、そんなワルピエ社(Conceria Walpier)についてご紹介いたします!

ワルピエ社とは

ワルピエ社は高級皮革の「ブッテーロレザー(buttero)」を生産している、イタリアの老舗タンナーです。
とても小規模なタンナーであるため、この革を取り扱っている店舗はそれほど多くありません。

しかし、ブッテーロレザーは”牛革の王様”と呼ばれるほどに世界中から評価されている革です。

ワルピエ社の歴史

ワルピエ社は1974年にポンテ・ア・エゴラで設立されました。
植物由来のタンニンでの鞣しにこだわり、手間隙をかけて行われる伝統的な手法を確立しました。

家族の伝統で守り続け、評価されてきました。

ワルピエ社の象徴。ブッテーロレザーについて

ワルピエ社の代表作であるブッテーロレザーは、牛のショルダー部分を使用しています。
それは、一頭の牛における肩の部分の革はそれほど多く取れない貴重な革であり、繊維密度が高く厚みやコシがしっかりしているのが特徴です。

革の弾性が創りだす自然なフォルムはとても美しく、人々を魅了します。
ガラスのような透明感のある仕上げによって革本来の風合いもそのまま残されています。

またイタリアの染色技術で色付けされており、非常に綺麗な色が出ています。
使い込むにつれて艶が増し、明るいカラーもだんだん落ち着いて深みを増して独特の味がでてきます。

色鮮やかかつ高級感のある革製品にぴったりの素材と言えます。

ブッテーロレザーシリーズ(buttero)。”ヌメ革の王様”と称される上級の革

まとめ

いかがでしょうか?
今回はワルピエ社についてご紹介しました。

sotでは、そんなワルピエ社が手掛けるブッテーロレザーの製品をいくつもご用意しています。
ぜひチェックしてみてください。

(リンク:ブッテーロレザーシリーズの商品一覧