みなさんは博多織をご存知でしょうか?

博多織はsot(ソット)の「KOHAKU」シリーズにも使われている、福岡県は博多市で生産される日本三大織物の一つです。

今回は、約770年も愛され続けている博多織の魅力と歴史、sotのKOHAKUシリーズについてご紹介します。

博多織の特徴

博多織は経糸(たていと:織物の縦の方向に通っている糸)に緯糸(よこいと:織物の横方向に通っている糸)を強く打ち込むことで生まれる、厚くて張り感のある手触りが特徴の織物です。

表面には起伏があり、経糸の本数を増加させて高密度にすることで、緯糸と組み合わせた時に糸が盛り上がる性質を利用しています。

また、経糸の配列を複雑にすることによって、さらに独特の表情を生み出しています。

博多織は高密度な織物として有名で、一般的な織物よりもやや重量がありますが、その厚みを活かした博多織の着物の帯などは締め心地がとてもよく、大変人気となっています。

博多織の歴史

弥生時代から絹織物を生産していたといわれる福岡県。

博多織は、鎌倉時代に中国(当時の宋)に渡った一人の若い博多商人が、宋の高度な織物技法を博多に持ち帰って進化させたことによって生まれた起源といわれています。

古くは武士の刀のまわしとしても圧倒的な支持を得ていたとされ、江戸時代には福岡藩の初代藩主である黒田長政が幕府への献上品として採用しています。

当時の献上品に使用されていた柄は後に「献上柄」という博多織を代表する柄ともなりました。

幕府に献上するものとして格式高かったものの、倒幕以降は一般市民に普及します。

しかしすぐに日本の近代化によって大きく和装の需要が減ったことで、流通量が大きく落ち込みました。

そういった影響を受け、欧州からの織機 ”ジャガード機” を積極的に用いるようになります。

ジャガード機を使った技術革新の成功によって商品が多様化し、より幅広いジャンルで博多織が使われるようになっていったのでした。

日本の四季を表す伝統的なデザインと機能性を併せ持つ博多織は、今日まで常に高い品質を誇っており、着物の帯(博多帯)やネクタイなどの様々な製品を通して多くの人々に愛されています。

博多織の高級感とヌメ革を合わせた「KOHAKU」シリーズ

原材料からこだわって


原材料となる絹

sotでは、博多織の琥珀織を使った商品シリーズ「KOHAKU」を展開しています。

琥珀織は博多織の原点とも言われる織物で、原材料となる絹を厳選し、染色にもこだわった特別な織物です。

太い経糸が生む独特の表情

琥珀織には、約6000~7000本の絹糸が用いられています。

琥珀織は博多織同様に高密度で織られているため丈夫で、表面の独鈷花皿模様(どっこはなざらもよう)が印象的なデザインとなっています。

なんとこの琥珀織は世の中に3台しかないとされる織機を使っているため、生産量がかなり限られています。

色は白とベージュをベースに織り合わせた優しい印象。

希少価値も高く、特別な贈り物にもぴったりです。

革とのコントラストを考えたデザイン

KOHAKUシリーズは、ヌメ革で博多織を囲ったデザインで統一されており、革には汚れや日焼けを抑制する処理を施しています。

ヌメ革はタンニン鞣し革の中でも特にエイジングが楽しめ、琥珀織の変わらぬ色味と、大きく色が変化を遂げるヌメ革のコントラストを楽しめます。

デザインはシンプルで凛とした端正なデザインにこだわり、エレガントな印象を与えてくれる、大人の持ち物にふさわしい逸品に仕上げました。

上画像左から:マルチポーチ / 三つ折り財布 Lファスナー長財布 / カードケース

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は博多織の歴史と特徴、そして琥珀織を使った「KOHAKUシリーズ」をご紹介しました。

対称的な2つの素材を掛け合わせた面白味のあるシリーズ。

ヌメ革のエイジングとともに、博多織の良さを味わっていただけるシリーズとなっていますので、ぜひ店舗にて実物をじっくりとご覧ください。

リンク:オンラインストアKOHAKUシリーズ商品一覧ページ

京都の伝統工芸品「京扇子」。革と合わせたオリジナル扇子もご紹介