革製品を愛用する人々を魅了し、sot製品の多くに利用されている「ヌメ革」。

素材本来の性質がそのまま残り、味のある魅力的な革です。

なぜ革好きの人がハマるのか。
今回は、そんな「ヌメ革」の魅力をご紹介します。

 

ヌメ革とは

「ヌメ革」とは、植物タンニンなめしを施しただけで、表面仕上げを行わない革のことです。

そのため、牛虫刺され跡や怪我の跡、シミ、シワなんかも隠されることなく現れます。

そのため素材本来の魅力に溢れた革と言えます。

タンニン鞣しについて説明した記事はこちら↓

「皮」が「革」になるまで

その一方で生前美肌の皮を厳選する必要があるため、高価になります。

その割合は、なんと100枚2枚くらい!
100枚の革の中から2枚を見つけ出すだけでも、大変な作業なんです。

素材から大きな違いがあるだけでなく、エイジングによる革の変化も大きいため、唯一無二の革を育てられることが、革好きの人々を魅了しているのでしょうね。

 

ヌメ革のメンテナンス方法

ヌメ革は、メンテナンスを行うことでさらにキレイなエイジングをします。

  1. 日光浴
  2. ブラッシング
  3. 防水スプレー
  4. オイルメンテナンス

1.日光浴

買ってすぐではなく、数日後に日光浴させておくことをお勧めします。強い革になります。

2.ブラッシング

軽くブラッシングし、表面を綺麗にします。

3.防水スプレー

より水に強い革にすることができます。

4.オイルメンテナンス

1-2ケ月に1回程度、保湿をすることで、きれいな革の状態を保つことができます。

革財布のお手入れ方法について