みなさんは博多織をご存知でしょうか?

博多織はsot(ソット)の「KOHAKU」シリーズにも使われている、
福岡県は博多市で生産される日本三大織物の一つです。

今回は、約770年も愛され続けている博多織の魅力と歴史についてご紹介します。

(リンク:博多織が使われている「KOHAKU」シリーズ商品一覧

博多織の特徴

博多織は多くの経糸に緯糸を強く打ち込むことで生まれる、厚く、張り感のある手触りが特徴です。
その厚みを活かした博多織の着物の帯は締め心地が非常によく、また決して緩まないということから古くは武士の刀のまわしとしても使用されました。

博多織の歴史

弥生時代から絹織物を生産していたと言われる福岡の地で誕生した博多織。

博多織は、鎌倉時代に中国(当時の宋)に渡った一人の若い博多商人が、宋の高度な織物技法を博多に持ち帰って進化させたことによって生れたのが起源といわれています。

江戸時代には、福岡藩の初代藩主である黒田長政が幕府への献上品として博多織を採用。
当時の献上品に使用されていた柄は後に「献上柄」という博多織を代表する柄ともなりました。

明治以降は日本の近代化によって大きく和装の需要が減り、博多織の流通量が大きく落ち込みます。
しかし、同時に欧州からの織機 ”ジャガード機” を積極的に用いた技術革新の成功により商品が多様化し、より幅広いジャンルで博多織が使われるようになりました。

日本の四季を表す伝統的なデザインと機能性を併せ持つ博多織は、今日まで常に高い品質を誇っており、着物の帯(博多帯)やネクタイなどの様々な製品を通して多くの人々に愛されています。

sotの博多織

sotでは、博多織を用いた商品シリーズ「KOHAKU」を作っています。

「琥珀織」という博多織の中でも生産量がかなり限られた素材を使用しているこのシリーズは、世の中に3台しかない織機を使い、糸の密度を非常に高い状態にして糸の張り感を生み出し、手触り豊かな凹凸感楽しめる表面の大きな起伏を特徴にしています。

幾何学模様の生む ”見る角度によって変わる表情” を贅沢に堪能していただける織物です。

色は白とベージュをベースに織り合わせた優しい印象の色に仕上がっています。

博多織の高級感とヌメ革を合わせた「KOHAKU」シリーズ。

ヌメ革で博多織を囲ったデザインのKOHAKUシリーズ。
汚れや日焼けを抑制する処理を革の表面に施し、ヌメ革ならではの大きな経験変化をより安心して楽しんでいただけるように仕上げました。

琥珀織の変わらぬ表情と大きく経年変化をするヌメ革。
対称的な2つの要素を掛け合わせた面白味のあるシリーズです。

すべてのラインナップを凛とした端正なデザインに。
まさに博多織の品格にふさわしい雰囲気を醸し出します。

エレガントな印象、あなたの洗練された大人の持ち物となる逸品です。

上画像左から:マルチポーチ / 三つ折り財布 Lファスナー長財布 / カードケース

まとめ

いかがでしょうか?
sotの製品に新しく博多織の良さを味わっていただけるシリーズが誕生しました。

革だけでなく、伝統ある博多織の美しさにも注目してみてください!

(リンク:博多織が使われているKOHAKUシリーズの商品一覧