革靴のひび割れ。クラックとは?

クラックは革靴を履き続けることで生まれる革靴の履きシワ、ひび割れのことを言います。

一般的に革靴のアッパー部分によく見られ、革靴の形に関係なく、靴を一定期間履き続けると現れます。

ここまでの説明だと、単なる「履きシワ」に過ぎないと思うかもしれませんが、実はこのクラックを放置しておくと、ひび割れが悪化し、革が裂けて、革靴が履けない状態になることもあるんです。

さらにクラックは、革靴全体の見た目を大きく損うため、“身だしなみを整える”意味でも、きちんと対策を講じる必要があるのです。

ということで今回は、革靴のクラックについて、原因や対策法などを詳しくご紹介していきます。

クラックの原因

クラックは長年使っていると起こる“経年劣化”の1つと考えるのが自然です。

しかしながら経年劣化以外にもクラックを引き起こす原因があるのはご存知でしょうか?

意外に知られていないクラックを引き起こす原因を見ていきます。

乾燥

クラックを引き起こす最大の原因。

それは「革の乾燥」です。

定期的にケアを行った革は、革の内部まで油分が行き届いているため、柔軟性と弾力があり、履きシワの状態が極度に悪化することはありません。

しかし、乾燥した革は、革の繊維が割れやすく、足の動きによる革へのストレスがひび割れとなってどんどん蓄積されていきます。

こうして革靴にクラックが起こり、結果として革が裂けるなどの大きなダメージに繋がるのです。

雨に濡れることもクラックが発生する原因の一つ。

実際には雨に濡れることが大きな問題ではなく、濡れた革靴を乾燥させる際に水分と一緒に、革内部に元々含まれていた油分も一緒に蒸発してしまい、急激に革が乾燥してしまうことが問題となります。

雨の日の革靴。雨ジミができた時の対処法。その他のシミについても。

ケアクリーム

お手入れ用のケアクリームの拭き忘れがクラックの原因になることも。

余分なケアクリームを拭き忘れてしまうと、残ったクリームがどんどんと硬化し、革も同時に硬化していきます。

また、クリームが硬化した部分は、その後お手入れをしても新しいクリームが革内部に浸透しない為、さらに革の状態が悪くなるという負のループが生まれます。

このように、クラックはただの劣化による現象ではなく、日々の使い方やケアの質によって、起こりやすい状態も生まれてしまうのです。

クラックを治すことは可能?

先ほどの原因の紹介で、クラックが起こる最大の原因が乾燥だということがお分かりいただけたと思います。

そしてこの乾燥を防ぐのに利用したいのが乳化性のデリケートクリームです。

一般的に、乳化性のデリケートクリームは、「油」と「水」でできています。

乳化性のクリームは水が入っていることで、革への浸透力と柔軟性が強く、また、油分も適度に抑えられている為、表面に残された余分な油分によるシミやムラが起きにくいのも特徴です。

あまりに油分が多いクリームの使用は、革の硬化に繋がってしまうなど、扱いが難しい面がありますが、乳化性クリームはお手入れに自信がない方でも扱いやすく、非常に優れたクリームとなっています。

また、帰宅後などに革靴にシュートリーを入れて保管をすることで、履きシワを伸ばすことができます。

クラックが気になる革靴に、ピッタリとサイズの合うシュートリーを入れて、履きシワをピンと伸ばしてあげましょう。

ただここでも注意するべき点が1つ!

シュートリーを、乾燥した革靴に使用してしまうと、靴の内部から革に圧をかけてしまい、クラックがさらに悪化するという逆効果が起こります。

なので、シュートリーを入れる前にも、しっかりと革の保湿をすることをお忘れなく。

他にも、ヤスリで軽くクラックを削ったり、革靴用のパテで傷を埋めるなどの方法もありますが、いずれもケア初心者にはハードルが高いため、まずは保湿とシュートリーの利用をオススメします。

また、かなり深刻なクラックは、自分で修理は行わず、費用はかかりますが、革靴修理のプロにお任せしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は革靴の悩み「クラック」についてお話しました。

クラックは軽度のものであればさほど目立ちませんが、状態が悪化すると革靴全体の見栄えを悪化させてしまいます。

日々のお手入れで革をしっかりと保湿してあげれば、クラックや色移りも防ぐことができ、より革靴を楽しむことができるでしょう。

皆様も乳化性デリケートクリームを使って、革靴のクラック対策を行ってみてください。

リンク:オンラインストア:メンテナンス用品一覧ページ

【簡単】所要時間たった5分。革靴の日々のお手入れ方法をご紹介!革靴の正しい保管方法も◎