みなさんは“真鍮(しんちゅう)”をご存知でしょうか。
「聞いたことがあるけれど、どんな金具なの?」と思われる方も多いと思います。

革製品にはデザインやカラーに合わせてあらゆる種類の金属部品が使われています。
そのなかでも、真鍮は革製品好きの方にも評価されている良質な金具です。

今回は、そんな革製品と相性ぴったりな真鍮の魅力をご紹介します◎

真鍮とは

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことを指します。
黄銅(こうどう、おうどう)とも呼ばれます。

それぞれの割合や与える熱によって色が変わるため、あらゆる色が存在します。
亜鉛の含有量によって丹銅(亜鉛5~20%未満)・七三黄銅(亜鉛30%)・六四黄銅(亜鉛40%)と呼ばれます。
亜鉛の含有量が少ないと赤味が強く軟らかく、亜鉛の含有量の多いと金色に近く硬いという特徴があります。

英語表記ではbrass(ブラス)。
サックスやトランペットという管楽器に使われており、
金管楽器のみの楽団を表す”ブラスバンド”という言葉は馴染み深いと思います。

日本に古くから使われてきた真鍮

日本で真鍮が用いられるようになったのは江戸時代中期以降といわれています。
そのくらい古くから身近な金属として古くから親しまれてきました。

実は、私たちが日常で使っている5円玉にも使われています。
さらにはも仏具やお寺の装飾にも多く使用されています。

また熱伝導率が高いという特徴から、コンセントの内部素材としても使われています。

真鍮とメッキの違い

革製品の金具素材には、真鍮のほかにメッキなど多くの種類が使われています。

メッキは、鉄やアルミニウムなどの安価な金属素材でできています。
つまりメッキは、表面にゴールドやシルバーを薄く塗った“本物に見せかけたもの”と言えます。

慣用句でも、格好をつけていた人が本当の姿をさらしてしまうことを『メッキが剥がれる』と言いますよね。

その言葉の通り、メッキは表面が使用するにつれて徐々に剥がれていき、地が見えることで偽物と分かってしまいます。
この特徴からメッキが剥がれるという言葉が使われるようになっているのですね。

一方、真鍮はあくまでも本物の金属です。
塗料や特別な加工を施して一切表面上にしていない無垢な素材なので、そのままの素材の美しい輝きが楽しめます。
また加工のしやすい特性を生かし、様々な形状の金具が作れることも魅力の一つです。

メンテナンス方法

輝く姿が印象的な真鍮ですが、長年使うとくすんでしまうというデメリットがあります。
無垢な素材だけに、水分や湿度には弱く変色してしまうことがあるのです。

ただそれは簡単なお手入れや少しの注意で真鍮の輝き保つ・取り戻すことができます。

日々気をつけること

日々気を付けることは

  • 長時間使わない時は酸化防止の為に袋に入れて管理する
  • 水分や湿気が強い場所の近くには置かない

これが真鍮を長くきれいに楽しめるコツです。

お手入れの方法

  • 専用のクリームや液体で磨く

そのほかにもお酢の成分を利用したケア方法もあります。

まとめ

いかがでしょうか?

これまで気にすることが少なかった金具部分の素材。
違いを知ることでその商品の価値や楽しみ方が変わってきますよね。

革製品には真鍮金具以外にもニッケルや銅、メッキが使われています。
それぞれが素材の特徴を生かした雰囲気や魅力がありますが、中でも真鍮金具が多くの人から支持される理由があるのです。

その中でも一番の金具である“真鍮金具”。
ぜひ日常の中でも探してみてください。