フランスが生んだ老舗手帳ブランド【MOLESKINE(モレスキン)】

長年世界中で多くの人に愛され続けている同社の手帳やノートの魅力と、
sot(ソット)から販売中の、モレスキン手帳サイズに対応した「プエブロレザー 手帳カバー」をご紹介いたします。

MOLESKINE(モレスキン)について

“モレスキン”

手帳がお好きの方なら一度は聞いたことがあるであろうこの名前。
手帳に限らず、おしゃれで高級感があるノートととして有名なブランドです。

モレスキンの歴史

モレスキンは19世紀後半年、フランス中部のトゥールで創業されました。
百年以上もの間、デザインを変えることなく手帳を製造しています。

創業当初はパリの街の文具店での取り扱いから始まりました。

その後、芸術の街と知られるパリに広がり、
ヴァンゴッホ・ピカソ・ヘミングウェイなどの多くの名だたる芸術家や思想家の手にモレスキンの手帳が渡ります。

1986年、そんなモレスキンの手帳が惜しまれつつも廃版となります。
しかしヨーロッパで絶大な評価を得ていたモレスキンの手帳やノートは、それから12年後の1988年にイタリアのメーカーにより復刻されました。

これがモレスキンにとっての大きな転換期となり、ムーミンやローリングストーンズなど、世界の様々なブランドやアニメ、音楽バンドとのコラボレーションを実現し、手帳ユーザー以外の人々にも知られるようになりました

そしてモレスキンは、今現在も世界中に熱狂的なファンを持つ手帳メーカーと知られています。

モレスキンの手帳の魅力とは

モレスキンの手帳の魅力は一度見ただけでは感じにくいと思います。
では、なぜモレスキンが人気なのでしょう。

最大の魅力はその佇まい
クールな雰囲気を醸し出すレザーの表地に加え、ユーザーからの評価も高いゴムバンドがアクセントになっています。

さらに今までゴッホやピカソなどの多くの著名人が愛用したというだけあって、特にモノに対してこだわりのある男性からの人気は絶えません。

またモレスキンユーザーの作った造語:モレスキン積み。
これは使用済みのモレスキンを積み、その姿に誇らしさを感じるということです。
このように少しコレクション的な面で愛用し続ける方も多いです。

sot(ソット)が作ったモレスキン手帳カバー

sot(ソット)では、多くのモレスキン愛用者の方からの要望に応えるべく手帳カバーを販売しています。

大切なモレスキンを綺麗に。
そしてよりユースフルに長く使いこなせる手帳カバーです◎

(リンク:モレスキンの手帳カバーの詳細はこちら

使用している革は、イタリアンレザーの魅力を最大限に楽しめるプエブロレザーです。

プエブロレザーシリーズ(pueblo)。革職人をも魅了する理由とは

また裏地には、こだわりの山梨県の伝統工芸である甲州織を使用しています◎
とても肌触りがよく、常に持ち歩く手帳にはぴったりです。

高級感漂う甲州織。400年の歴史を持つ伝統工芸

まとめ

いかがでしょうか?

モレスキンの使い方の定義はもちろん人それぞれですが、今までモレスキンを愛用してきた多くの著名人のようにアイデアや思想を書き留めるのも良いですね。

手帳をお探しの方。
便利な手帳カバーをお探しの方。

高級イタリアンレザーの手帳カバーと一緒に書くということを楽しみませんか?

あなたの日常がよりよくなる手助けになるかもしれませんね。
気になった方はぜひチェックしてみてください◎

(リンク:モレスキンの手帳カバーの詳細はこちら