創業96年の手仕事が生む一点物の凹凸感。通常の7倍の時間をかける日本の革「ハンドウォッシュレザー」

ヴィンテージ感漂う唯一無二の革。

どの1つを取っても同じものがない凹凸感と、ダイレクトに伝わってくる革の豊かな風合い。
今回は、そんな独特な魅力を持つ革「ハンドウォッシュレザー」のご紹介です。

世界的にも稀な伝統製法でつくられる革に、創業96年の手仕事が加わって生まれる一点物の表情は、使えば使うほど、ありのままに革という素材を楽しませてくれます。

今回は、そんなハンドウォッシュレザーシリーズ(handwash)をご紹介します。

かかる時間は実に21日。
通常の7倍の時間をかけて漬け込むから、使えば使うほどに革を楽しめる。

同じく「かわ」と読む「皮」と「革」。

この2つの違いを、しっかりと答えられますか?

動物の皮は、そのままにしていると硬くなったり腐ったりしてしまいます。

そのため、”柔らかくして革にする”と書く「鞣し(なめし)」という加工をすることで、動物の生の「皮」を、日常生活で使える「革」へと変化させているんです。

ハンドウォッシュレザーは、このなめしの際に、樹木からとれる渋み成分「タンニン」を使用しています。

そもそもタンニン鞣しの❝タンニン❞とは?

身近な所では、緑茶、ワインなどの渋みもタンニンによるものです。
タンニンを使うことで、樹齢を重ねるたび色の奥深さを増す木々のように、
使い込んでいくと艶やかで深い色合いに変わっていく楽しさを味わうことができます。


タンニン鞣し革の経年変化例(上:未使用 下:3年使用)

しかし、この革は、ただタンニンで鞣した革ではありません。

実に約21日間をかけてじっくりとタンニンに漬け込む、
世界的にみても珍しい方法(ピット鞣し)でつくられているんです。

そのため、大きなドラムを回して2~3日で一気にタンニンを叩きこむ通常の方法(ドラム鞣し)に比べて、革の繊維がほぐれず、目の詰まった丈夫な革ができ上がります。

そもそも、タンニンでなめされた革の魅力である色や艶の美しい変化を最大限に楽しむためには、「丈夫さ」が必要不可欠です。

革がその変化を見せてくれる前に、破れたり、クタクタになったりしてしまっては、その魅力を味わうことができなくなってしまうからです。

そのため、ハンドウォッシュレザーは、食肉の副産物としてとれる牛の皮の中でも、丈夫な成牛(大人の牛)の皮を使い、その繊維が傷まないようにじっくりとタンニンを浸透させているんです。

そんな、通常の7倍以上の時間をかけることで生まれる丈夫さと自然な風合いが、使えば使うほど革という素材を楽しませてくれるはずです。

1つとして同じものがない凹凸感。
創業96年の老舗による手仕事が生む、あなただけの一点物。

ハンドウォッシュレザーの最大の魅力。

それは、1つとして同じものがない革の凹凸感です。

創業96年の老舗工房による手仕事によって生まれるこの凹凸は、正真正銘、あなただけの一点物です。

その独特な表情をつくるために、まずタンニンにじっくりと浸け込まれて繊維が締まった牛革に、通常よりもたっぷりとオイルを入れながら染めていきます。

染める際には、天然の風合いと手触りを活かすために染料を使い、革の芯まで深く染め上げているのもこだわり。

芯までしっかり色が入っていると、多少の擦り傷がついても使い込むうちに目立たなくなってくるので、繊細に気をつかうことなく、ガシガシお使いいただけます。

また染料は、顔料のように表面を覆い隠さないので、革ならではの表情をダイレクトに楽しめるのも良いところ。

そうして出来上がった革を裁断し、丁寧に縫製していきます。

そしてここからが、この革の唯一無二のポイント。

なんと、綺麗に仕上げられた製品を、ぬるま湯で洗ってしまうんです。

そして、一つ一つ手作業で洗ったものを自然乾燥して丁寧に乾拭きしていくことで、ヴィンテージ感漂う凹凸感が生まれます。

しかし、「水分に弱い革をぬるま湯に浸して大丈夫なの?」と思われる方もいるのではないでしょうか?

例えば、砂漠の土地。

水分が蒸発しきった地面は、カチカチに硬くなってヒビ割れてきてしまいますよね。

革もそれと同じで、一度水に濡らしてそのままにしておくと、水分が抜ける時にカサカサに乾燥して、硬くなってしまいます。

その乾燥を防ぐ秘密は、たっぷりと入れたオイルにあります。

肌の乾燥を防ぐ乳液にオイルが入っているように、オイルには水分が出ていくのを防ぐ働きがあります。

そんなオイルをあらかじめたっぷりと入れた特注の革を使うことで、洗いをかけても柔らかい革が出来上がるんです。

オイルレザーについて。特徴や魅力、メンテナンス方法まで◎

このような、時間のかかる工程と独自の技法によって仕上げられる表情は、この革でしか味わえない素材本来の魅力を教えてくれます。

さらに、この革は、お使いいただくうちに色の深みを増し、自然なツヤを帯びていきます。

この個性的な革を、あなたの手でさらに魅力的に育ててみて下さい。

sot ハンドウォッシュレザーシリーズの商品ラインナップ

財布・コインケース

ハンドウォッシュの魅力を最大限に活かした財布やコインケースは、存在感抜群のアイテムです。
色の出方も鮮やかで、sotでも長く人気が続いているシリーズです。

ハンドウォッシュレザー 長財布

大きなマチがついたお札入れ部分が2箇所、外から見えない隠しカードポケットなど 機能性も考えられた長財布です。
右下のロゴマークがさりげないアクセント。

見た目は個性的ですが、構造は機能的な優秀ウォレットです。

(リンク:ハンドウォッシュレザー 長財布

ハンドウォッシュレザー 二つ折り財布

カードホルダーが8箇所とその他ポケットが2箇所、 仕切り付きの札入れ部分があります。
外側にはフラップ付の小銭入れがついており、 カードも入る大きさなので小銭を別で持つ方にもおすすめです。

ハンドウォッシュレザーはとても馴染みがいいので、 使い込むと革がしなやかになり、薄さも出てきます。

(リンク:ハンドウォッシュレザー 二つ折り財布

ハンドウォッシュレザー コインケース

上部のフラップを開けるとカードが収納でき、下部のフラップを開けると小銭が入ります。
カード収納部分には仕切りがついているので、マチ無し部分に交通系ICカード等を入れても反応するようになっています。

馴染みがとてもいいので、違和感なくボトムのポケットに入れることができます。

(リンク:ハンドウォッシュレザー コインケース

ベルト

デニムなどのカジュアルな服装との相性ぴったりで、ハンドウォッシュの雰囲気がお洒落さを際立たせます。複数のカラーを持つ方も多い人気アイテムです。

ハンドウォッシュレザー ベルト

約40mmで使いやすい幅で様々なボトムスに合わせることができます。
表情がとてもあるレザーなので、 シンプルなコーディネートのアクセントにおすすめです。

バックル部分を固定しているネジを外せば本体と離すことができ、 長さをカットして調整することも可能です。

(リンク:ハンドウォッシュレザー ベルト

ハンドウォッシュレザー ナローベルト

約25mmと細め幅で、男性女性の両方にオススメです。
表情がとてもあるレザーに3連のベルトループがシンプルなコーディネートのアクセントになります。

(リンク:ハンドウォッシュレザー ナローベルト

キーケース・キーホルダー

ハンドウォッシュの質感は、小さなアイテムでも存在感を示します。
キーケースやキーホルダーはとても小さなアイテムですが、鞄やパンツに引っ掛けておくこともできます◎

ハンドウォッシュレザー キーケース(コインケース付き)

インケースやカード入れ付きなので、持ち歩きにとてもコンパクトになり便利なアイテムです。
4連のキーフックとナスカンがついており、ネジ式で外れるようになっているのでキーを付け足すこともできます。

(リンク:ハンドウォッシュレザー キーケース(コインケース付)

ハンドウォッシュレザー コンパクトキーカバー

リングに直接鍵をつけるのでコンパクトになります。
定番のシルバーの鍵であれば5~6本収納が出来ます。

バッグやボトムのベルトフープにひっかけられるカラビナ付きなので、鍵が迷子にならず紛失しづらいのも嬉しいポイントです。

(リンク:ハンドウォッシュレザー コンパクトキーカバー

ハンドウォッシュレザー カラビナキーホルダー

スナップボタンを外しベルトの下からくぐらせると、バッグやフープなどに付ける事が出来ます。
また、鍵を付けた輪っかを革の方に通し、カラビナ風に付ける事も可能です。

鍵を使う時は輪っかを外せば、 本体を外す必要がないのでスマートにお使いいただけます。

(リンク:ハンドウォッシュレザー カラビナキーホルダー