「sotでベルトを買ったものの、長いので自分で調整したい」という方に向けて、お手軽かつ綺麗に仕上がるベルトのサイズ調整方法をご紹介します!難しそうなイメージがあるベルトのサイズ調整ですが、知ってみると意外と簡単にできます。

また、sotでお買い上げいただいたベルトのサイズ調整は各店頭で無料で対応しておりますので、お気軽に店頭までお持ちください。

まずはじめに

sotのベルトは、サイズ調整が可能なものがあります。
ベルトの裏側、バックルの下あたりにネジがついており、このネジを外すと本体のベルト部分とバックルが外れ、ベルトをカットすることでサイズを短くすることが可能です。

カットしたら、ネジを戻すだけです。
向きなどはネジを外す前にご確認ください。

※ 中にはサイズ調整の出来ないベルトもございますので、裏側をご確認ください。

ベルトをカットするには

ベルト本体のレザーをカットするには、専用の器具が必要となります。
基本の道具はカットをするための「革太刀」、ネジ穴を開けるための「穴あけポンチ」、そして「下敷き」です。

工具をお持ちでない場合やご自身でなかなか出来ないという方は、無理をせずお近くの店舗にご相談ください。

万が一、破損や傷がついてしまった場合、保証ができかねますのでお気をつけください。

ネジが外れないときには・・・

ネジを外す作業が第一段階なのですが、まれにネジが受けの部分と一緒に回ってしまうときがあります。

そんなときのネジの外し方についてご説明します。

準備するものは、「マイナスドライバー」と「金づち(木槌やゴム槌)」、傷が付かないようにするための「下敷き」です。

ドライバーは垂直に

きつくはまり過ぎてしまっているネジは衝撃を与えると緩みます。
ネジの溝の部分にドライバーを当て、金づちで上から叩きます。

思い切って叩いてみてください

軽く細かくではなく、トーントーンといった感じで、気持ち強めに2、3回叩きます。
無理な力で思いっきり叩いてしまうとネジが壊れてしまう可能性がありますが、あまり怖がらずに叩いてみて下さい。

叩いた後に改めてドライバーでネジを回してみると、不思議と取れます。
ネジが回ってしまい外せない時は一度試してみて下さいね。