今回も前回に引き続き、レザークラフトに必要な道具をご紹介していきます。

前回はレザークラフトに最低限必要となる道具と、持っていればきっと役立つ便利な道具をご紹介しました。

まだご覧になっていない方は下のリンクからご覧ください。

初心者におすすめ。レザークラフトに必要な道具特集【必需品編】

今回は、これからもっと本格的にレザークラフトを楽しみたいという方に向けて、使えばさらに作品の幅が広がる道具や、作品の見た目をより美しくするための道具をご紹介します。

どんな作品が作られるようになるの?

これからご紹介する道具を使えば、ファスナーやホックが付いたカバンや小物入れ、簡単なお財布も作られるようになります。

また金具は作品の良いアクセントとしても使うことができるので、華やかさを作品に加えることができますよ。

レザークラフトに必要な道具リスト ~応用編~

1. 革用カンナ(スーパースカイバー)

革の厚さを薄くするための道具。

使い方は木材用カンナと同じく、薄くしたい部分に刃を当てて、徐々に漉いていきます。

革と革が重なる部分を漉くことで厚さを抑えたり、革を曲げやすくできるようにします。

替え刃式のものもあるので、切れ味が落ちたら随時刃を替えて使用しましょう。

2. 口金潰し(ヤットコ)

ファスナーのスライダーや、がま口金具の固定に使用する道具です。

レザークラフトは金具を力を使って挟み込んで固定する作業が多いため、あると便利な道具のひとつです。

3. クイキリ

ファスナーのエレメント(ムシ)や止め金具を外すための道具。

コツさえ掴めれば小さな力で簡単に金具を取り外すことが可能です。

金具を外せば、ファスナーの長さをお好みの長さに調整することができるので、ファスナーの基本サイズ関係なく、思い通りのサイズ感で作品が作れるようになります。

4. 丸錐(千枚通し)

金具を取り付けたい場所や穴をあけたい部分に印をつけるための道具。

ご自宅に千枚通しがあれば、同じ用途で使うことができます。

5. 穴あけポンチ

どんな金具を取り付けるにも、レザークラフトは必ず穴をあける必要があります。

金具のサイズに合った穴あけポンチを使いましょう。

サイズが合わないと穴の中で金具が動いてしまうなどの原因となります。

また、金具を付ける用途以外にも、ベルト用の穴に使用したり、型抜きとしても利用できます。

6. 打ち台

金具を取り付けるために必要な台。

金具のサイズや種類によって使い分けますが、打ち台には万能プレート型と丸皿型が存在します。

7. ハトメ打ち具

ハトメの取り付けに必要な専用の打ち棒と打ち台です。

ハトメはリング状の金具でフチ取られた金具のこと。

革に穴をあけてハトメを付ければ、そこにナスカンを付けたり、紐を通したりなど、デザインの幅が一気に広がります。

最近では簡単にハトメを取り付けることができる「ハトメパンチ」というレバー式の取り付け器具も登場しています。

また、高価ではありますがハンドプレストいうレバー式の道具も存在します。

8. カシメ打ち具

カシメは革のパーツを繋げる場合やデザインのアクセントとしても使われます。

こちらもハトメ同様に専用の打ち棒が必要になります。

取り付ける際は「 6.」で紹介した万能プレートを使うとよいでしょう。

最初は力の加え加減がわからず、取り付けに失敗することも少なくないですが、焦らず取り組みましょう。

9. バネホック打ち具

バネホックの取り付けもカシメ同様に専用の打ち棒が必要になりますが、ここでも「6.」の万能プレートを使うことができます。

バネホックの取り付けでは万能プレートの穴のない裏面も使用します。

こちらも力の加え加減やバランスが難しいのですが、ゆっくりと慣れていきましょう。

10. 突っ切り

革を押し切る道具で、革のコーナー部分に当てて切る道具です。

11. ヘラ

ノリなどの接着剤を塗る際に使います。

材質には竹のほか、プラスチックやゴム製のものがあります。

レザークラフト作品の見栄えを美しくするアイテムたち!

これから紹介するアイテムは、見た目を美しく仕上げるための道具です。

これまで紹介してきたものとは異なり、少しプロ向けのアイテムですが、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ヘリ落とし

革の角部分を削り、丸みを出すための道具。

革の厚さによって使うヘリ落としのサイズは異なります。

また右利き、左利き用などの種類があるので、使う革の厚さや自分の利き手に合ったものを選びましょう。

へり(縁)とは?装飾性がアップする革製品の重要箇所。コバとの違いについても解説。

スリッカー

コバ面の処理に使う道具。

スリッカー側面の凹面をコバ処理剤を含ませたコバ面に擦り合わせ、磨いていきます。

全面を均等の力で磨いていくことが綺麗にコバを磨くポイント。

一見とても簡単そうに見える作業ですが、強く磨きすぎると色が濃くなってしまうなど、かなり技術が必要な工程です。

コバ磨きは作品全体の見栄えをよくするのと同時に、コバ面の耐久性も上げることができるとても需要な作業です。

コバとは。革製品に欠かせない重要な部分の魅力に迫る。

ガラス板

革の床面(裏面)の毛羽立ちを抑えるための道具。

床面処理剤をガラス板を使って薄く床面全体に広げながら浸透させ、毛羽立ちを抑えて光沢を出していきます。

ただ力を入れすぎてしまうと革が伸びてしまう場合があるので、気を付けましょう。

コバ・床面処理剤

先ほどご紹介したコバと床面の処理に必要な仕上剤です。

使用する前には毛羽立ちや革と革の貼り合わせ部分に残る段差をまずヤスリを使って整え、
綿棒や布に処理剤を付けてコバ面や床面(革の裏側)に均等に薄く広げてからスリッカーやガラス板で磨きましょう。

特に粘着力や特別なニオイもないので、室内で使っても問題ありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どのアイテムも、より一層レザークラフトの楽しさが増すこと間違いなしのアイテムばかりです。

ご紹介した道具はどれも価格が非常に高いものではありませんが、必要に応じて徐々に購入することをおすすめします。

また、刃の付いている道具を使う場合は怪我をしないように十分気を付けて使ってください。

金具を使う作業はどれも力の加え方やバランスが少しでもズレてしまうと金具がきちんと留まらなかったりと難しい点もありますが、難しいからこそやりがいのある作業でもあるので、失敗を恐れずにどんどん試行錯誤してみてください。

この記事で皆さんのレザークラフトライフがよりよいものになれば幸いです。

革製品の良し悪しが分かるディテールまとめ