最近再注目をされている自宅で楽しめる趣味:レザークラフト。

今回は革好きであればぜひ一度体験してほしいレザークラフトの魅力と必要な道具についてご紹介します。

今回は、これからレザークラフトを始めたい!という初心者の皆様に、どんな工具が必要なのか、どんな道具があると便利なのかをご紹介します!

レザークラフトの楽しさ

レザークラフトと聞くと、「なんだか難しそう。」「お金がかなりかかるのでは?」というようなイメージがあるのではないでしょうか?

実はそんなことはなく、レザークラフトは基本の技法さえ覚えてしまえば、あとは自分のイメージに合った作品作りができ、金具を使用すれば作品の幅がぐっと広がる楽しさもあります。

また、製作に必要な道具は100円ショップで揃えることも可能で、さらに自宅にあるものを使えばかなりの低予算でスタートできるものなのです。

先ほどもお伝えした通り“自分好みの革を使ってものを手づくりできる”のがレザークラフトの醍醐味!

特に手縫い作業はコツコツと作り上げていくため、時間と集中力が必要ですが、最後まで編み上げたときの達成感は必ずあなたを魅了するはずです。

レザークラフトに必要な道具リスト ~必需品~

1. カッター(革包丁)

通常レザークラフトには革包丁とよばれる専用の包丁を使いますが、初心者の方にとっては使い慣れるのに時間がかかってしまうことがあります。

なので初心者の方にはクラフト用カッターの代用をおすすめします。

本格的なレザークラフトを楽しみたい方は革包丁にチャレンジしてみてくださいね。

2. カッターマット

革を裁断する際は必ずカッターマットを使用しましょう。

革の裁断には思いの外、力を加える必要があります。

できるだけ厚さのあるカッターマットを使用すると安心です。

3. 両面テープ

革と革を貼り付ける際に使用します。

革用の両面テープは一般的な両面テープよりも手で切りやすいものになっているため、作業がスムーズに行えます。

また、縫い穴をあける際に革がズレてしまわないようにしっかりと革と革を両面テープで貼り合わせておきましょう。

4. ネジ捻 (ねじねん)

別名:ステッチンググルーバーとも呼ばれ、革に縫い線(ガイド線)を引くための道具です。

ガイド線に沿って縫い穴を綺麗にあけることが作品の完成度、美しさを高める一番重要な工程です。

ステッチで変わる製品の印象。知ると面白い「縫い目」のこと。

5. 菱目打ち / トンカチ

革は布とは違い、直接針を通すことが難しいため、縫い穴をあらかじめ菱目打ちをトンカチで打ってあけてから針を通します。

ガイド線の直線部分は目数の多いものを、曲線部分には目数の少ないものを使いましょう。

また「ピッチ」と呼ばれる先端の目と目の間隔や本数の違う、さまざまな種類の菱目打ちがあるので、自分の作品のデザインに合ったものを選びましょう。

6. ゴム板

縫い穴をあける際には菱目打ちの目の部分を完全に革に貫通させる必要があるため、机や作業台が傷つかないようにゴム板を用意しましょう。

7. ロウ引き糸

レザークラフトでは通常の縫い糸ではなく、ロウ(蝋)がコーティングされている丈夫なロウ糸を使用します。

糸の太さや色も様々。製作するものに合わせて選ぶのも楽しいポイントです。

また麻糸に蝋を塗り込んで自作することもできますよ。

8. 手縫い針

針は手縫い針を使用します。

レザークラフトの手縫いは、あらかじめ縫い穴をあけてから行うため、必ずしも先端のが尖っているものでなくても◎

先端が尖っているものを使用する場合には革を直接傷つけないように注意しましょう。

また、なかなか縫い穴から針が出ない場合はラジオペンチで引っ張れば大丈夫です。

9. ハサミ(糸切ハサミ)

通常のハサミでも問題ありませんが、作業をするスペースを小さく抑えらるコンパクトなサイズのハサミや糸切ハサミが最適です。

10. ライター / ボンド

レザークラフトの糸処理は、縫い終わった部分の糸を燃やし、縫い目に押し込むようにして押しつぶす方法が一般的です。

さらに上からボンドをなじませると糸の解れもなく、安心でしょう。

レザークラフトであると便利なアイテム!

ローラー

両面テープをしっかりと貼り付けるための道具。

やすり

革が毛羽立っている部分や、きれいに裁断できなかった革の断面部分を綺麗に整えるのに重宝します。

定規と重り


定規にカッターや包丁の刃を当てながらカットすると綺麗に革が切れます。

革の上で定規が滑らないような重さのある定規を選びましょう。

また型紙を使って、直接革を切る場合には型紙の上に重りを置いて型紙がずれないように工夫しましょう。

レーシングポニー(スティッチングツリー)

手縫いがしやすいように、革を固定するためのアイテム。

本格的にレザークラフトを始めたい場合に手縫い作業の効率をアップしてくれるアイテムがレーシングポニー。

画像はかなり小さいタイプです。

本来のレーシングポニーはかなり大きく、まず椅子の上に置き、その上から自らが太ももで抑えるように座り、股で挟んで使用します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はレザークラフト初心者さんが用意するべき道具を10個ご紹介しました。

準備するものは少なくはありませんが、どれも一度準備してしまえば長く使えるものばかりです。

まだ本格的なレザークラフトをするか決めていないという方は手始めに100円ショップなどで道具を揃えて始めるのもいいでしょう。

下のコラムでは金具を付ける道具や見た目を美しくするものなど、より一層レザークラフトを楽しむための道具をご紹介しています。

こちらもぜひご覧ください。

レザークラフトに必要な道具特集【応用編】