よくお店などで耳にする、本革・天然皮革・合皮などという言葉。

みなさんはこれらの言葉の違いをご存知でしょうか?

今回は、そんな革に関連する言葉の違いや、そもそも本革とはどんなものを意味するのか。

そして、本革にしかないメリットやデメリットをご説明します。

本革とは

本革とは、その名の通り本物の革のことを指します。

牛革に限らず、豚革や羊革など、動物の皮からできている革を総称して「本革」と呼び、英語では、real lather や genuine leather などとも訳されます。

また、本革は天然皮革という言葉と同じ意味を持っています。

皮革の読み方は「ひかく」。
本来は動物の皮を使ったものを指しますが、最近では「合成皮革」など、素材は違っても同じ漢字が使われていることで、革の定義を誤解させるようなケースも出てきました。

ですので、皮革はの前に天然という言葉を足した天然皮革は本革、合成皮革(合皮)は革ではないと覚えておけばよいでしょう。

本革は動物の「皮」を腐食させないように、鞣しと呼ばれるさまざまな加工を経て、「革」に生まれ変わり、お財布や鞄、靴に使うことができるような状態になっています。

鞣しについてはこちらの記事で詳しく説明をしているので、ぜひチェックしてみてください↓

鞣し(なめし)とは。皮が革になるまで。

皮革(本革)と合皮の違い

その一方、合皮とは合成皮革の略で、一切動物の皮は使われていないものを指します。

つまり人工的に作られた 偽物の革 ということです。

英語でもfake leatherと訳されることからもそれがわかりますね。

基本的に合皮は布地に合成樹脂を塗ることで、本物の革に似せた質感を持たせています。

合成樹脂の素材は様々で、ポリウレタンや塩化ビニールなどが使われています。

このポリウレタンや塩化ビニールは本革と違い、どれだけ丁寧に扱っても数年の経過で表面から徐々に「加水分解」とよばれる劣化が起こります。

あなたの持ち物は大丈夫?合皮が引き起こす加水分解とは?

もちろん合皮にも安価、軽量という大きなメリットがありますが、「レザー」という言葉を使って、あたかも革と同じ性質を持つものとして合皮素材を使った商品を販売している場合もあるので注意が必要です。

知っておきたい、本革のメリット・デメリット

メリット

メリット① 環境にやさしい

最初のメリットは、皮革が食用の動物からできている「天然素材」であるがゆえに、とにかく環境にやさしいということが挙げられます。

合皮素材と違い、一切の石油を使っていないため、環境負担が著しく低く抑えられているのです。

また、生産時に発生する汚水などもしっかりと汚水処理を経て浄化されています。

ひと昔によく言われていた、「革を作るために動物を殺処分している」こともなく、あくまで食肉産業の副産物が使用されています。

sot(ソット)のサステナビリティ。

メリット② 吸湿性、放湿性に優れる

本革はよく「呼吸する素材」と言われるほどに吸湿性と放湿性に優れた素材です。

革以外の天然素材でも上記の2点においては非常に優れていて、麻や木綿などがその代表格ではないでしょうか。

多湿気候である日本においてはこのメリットがより大きな意味となって、日々の生活を快適にしています。

また、本革などの天然素材には、吸湿(水蒸気を吸収)をする際に、吸着熱と呼ばれる熱を発する性質を持ち併せています。

上質な布団に天然素材が使われるのもこの原理が使われており、身体から発する水蒸気を吸ってより暖かさを生むこのメリットが革の手袋などには最大限に活かされているのです。

メリット③ 経年変化を楽しむことができる

本革と聞いてまずイメージされるのが、この経年変化を楽しめるという点という方も多いかもしれません。

特に本革の中でも、タンニンを使った「タンニン鞣し」を施した革は素晴らしい色の変化と光沢を楽しむことができます。

お手入れ次第では数十年以上も同じものを使い続けることもでき、月日とともに一層味わい深い唯一無二のものに仕上がっていくのです。

また、経年変化するうえで、俗にいう「革が馴染む」という体験もできるでしょう。

これはメリット②でご紹介した吸湿性と関係しますが、本革は湿度を持つと微妙に膨張する性質があるので、湿度が高くなりやすい靴のようなものは、より自分の身体に合ったものに変化していくのです。

エイジングはどうして起こるのか。綺麗に色を変化させるコツもご紹介。

メリット④ 熱に強い

最後のメリットは耐熱性です。

江戸時代まで消防士の防火服に本革が使用されていたことからもわかるように、革は非常に燃えにくい素材となっています。

デメリット

デメリット① 水に弱い

これまで本革のメリットを述べてきましたが、一方で本革はまず水気や湿気に弱いので気をつけておく必要があります。

革本来の性質に大きく影響を与えないものの、革の風合いや光沢などの部分では大きな影響を受ける可能性があります。

もしも革製品が濡れてしまった場合は、早めに水分を除き、半乾きの状態で手もみをしてあげると状態が回復しますが、硬化や乾燥のし過ぎによる革の収縮には十分な注意が必要です。

また、水分を多く含む多湿な環境に放置するとカビが発生する場合がありますが、このカビは除去が可能なので、早めに対処をすればさほど大きな問題にはなりません。

革のカビ。対策法(予防・除去方法)をご紹介◎

デメリット② 汚れやすい

本革は決して汚れにくい素材ではありません。

非常に微細な素材が故、汚れが付着しやすいのです。

ですので、より汚れの付着しやすい起毛素材はもちろん、定期的なお手入れが必要となります。

sotのケアグッズが誕生!お客様の声から生まれたレザーケアセット

デメリット③ 色移り、色落ちする可能性がある

実は革製品の染色堅牢度はほかの素材に比べて低いため、状況によって色移りや色落ちを起こす場合があります。

ですので、強烈な摩擦などには十分に注意が必要です。

しかしながら、近年では国内革の染色技術の高さによって、色移りや色落ちがしにくいという性質が一部生まれつつあります。

革の色落ち・色移りの原因と予防策。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本革にはこれだけのメリットとデメリットが存在することがお分かりいただけたかと思います。

いずれにしても、本革を使った製品は、貴重な天然素材ということ、人々の手間がかかっていること、長く使えて環境にやさしいことから、合皮素材の何倍もの価格がしてしまいます。

一つのものを長く大切に使うこと、環境への意識など、あなたの価値観に合わせてどのような素材を選ぶべきかをこのコラムを通して考えていただければ幸いです。

sotの製品は全て本革なので、この記事を読んで本革の製品を探したいという方、より詳しく革について知りたいという方は引き続きコラムをぜひご覧くださいね。

革の種類や特徴を知る。一般革とエキゾチックレザーの違いなど