みなさんは靴を履くとき、靴べら(シューホーン)を使っていますか?

「自宅の玄関のみならず、常に携帯用の靴べらを持ち歩いている。」という方もいれば、
「靴べらなんて一切使わない。」という方まで様々です。

とくに革靴を履くときに靴べらを使わない人の靴を見ると、サイズが大きすぎるケースや、かかとの部分が傷んでいたり潰れていたり。。

また、履くときにつま先をトントンと地面に叩きつけて履く癖がある人は、
革靴のつま先部分が傷だらけなことも。

せっかく買った大事な靴でも、何度も無理やり履き続けてしまうと型崩れを起こし、早期の劣化に繋がってしまいます。

今回は靴の脱ぎ履きが多い日本人にぴったり!
家だけでなく、出先でも利用できる携帯用の靴べらをご紹介します。

靴べらの種類

靴べらといってもその素材、形状、重さ、長さは千差万別です。

素材に至っては、プラスチック、メタル、木材、
動物の角(つの)、革、真鍮などなど、現在では本当に素材が多様化しています。

ご存知の通り、靴べらは英語でshoehornと呼ばれ、hornは角を意味しています。
直訳すると「靴+角」ということですね。

昔はこのように、動物の角が靴べらの素材のほとんどを占めていたのですが、
その後、コストの安いセルロイド製が主流になったり、さらに安全で加工のしやすく大量仙さんの可能なプラスチックに主役が変わるなど、時代によって素材の移ろいがありました。

携帯用の靴べらを利用することのメリットの数々

実は、靴べらを利用することによるメリットはとても多いんです。
というよりも使わないことによるデメリットがとても大きいというのが正しいかもしれません。

靴の型崩れ防止

靴べらを使わないことによる重大な問題は靴の型崩れ摩耗です。
つま先から足を入れ、かかとから押し込むという履き方だと、靴のかかと部分に大きな負荷がかかってしまいます。

かかと部分には足を固定するためのヒールカウンターと呼ばれる芯が入っていることが多く、このおかげで歩行が安定するようになっています。ただし、かかとを押し込んで履いてしまうとこのヒールカウンターに上から圧力をかけることになり、形がどんどん崩れていってしまうのです。

ヒールカウンターが変形してしまうとフィット感がなくなり、ケースによっては足の病気を助長してしまうこともあります。
また変形することにより、購入した際の見た目としての美しさがなくなっていってしまいます。

靴を履く際のスマートさ

足を突っ込んで無理やり履いてしまうよりも、靴べらを使って履いたほうがスマートです。
靴べらを用意するのが面倒臭いと感じる方も多いと思いますが、携帯できるコンパクトサイズであればその問題もありません。

靴べらの代わりに指を使ったとしても、うまく固定されないので、履くことはできても型崩れには繋がってしまいます。
またあまり所作としても美しく見えないかもしれません。

人を待たせることなく靴をスマートに履けるというのは、意外と嬉しいものです。

sotの携帯用シューホーン

sotではイタリアンレザーのプエブロを使用し、 日本国内で縫製を行った牛革製の携帯型靴べら・シューホーンを販売しています。カラーはブラック・ダークブラウン・キャメルの定番3種類です◎

キーリングがついており、持ち歩きが容易であることが特徴です。

カバンやなどにつけて持ち歩くようにしておけば、忘れる心配もなく、スマートに靴を履くことができます。
小さいですが耐久性にはとても優れた靴べらです。

リングやベルトフープなどに付けられる仕様なので、とても便利にお使いいただけます。
また今回採用した真鍮のカラビナは可動部分を引っ張る仕様になっているので、 ふいに外れる心配がありません。

使用しているプエブロレザーという革は、最初はマットな質感ですが、 使い込む程に美しい深みのある色・ツヤが表れていきます。非常に魅力的な革なので、ぜひこちらもチェックしてみてください↓

プエブロレザーシリーズ(pueblo)。革職人をも魅了する理由とは

携帯型の靴べらを使って、大切な靴をスマートに履き続けよう

いかがでしょうか?
靴を大切に履くためにも靴べらを常に持ち歩くのは非常に重要です。

ぜひ気になった方はチェックしてみてください。