皮を鞣すことで、腐食を防いだり、製品として使える状態に変化をさせる「鞣し(なめし)」。

主な鞣し方法として、タンニン鞣し・クロム鞣しなどが存在しますが、現在ではより様々なものを使って、新たな革を生み出そうと各タンナーが日々研究と改良を重ねています。

今回は、「食」の副産物で鞣された革をご紹介しちゃいます!

革の鞣しに食の副産物が使える!?

革の植物鞣しや染色に使えるのはポリフェノール・色素・油分があるものに限られます。

歴史ある植物鞣しで多く使われるタンニンも、もとはチェスナットやミモザなどの木々から抽出されたもので、先述した鞣しに必要な3つの要素を持っています。

ただ、持続可能性のあるものでなければ価格が安定しないなどの理由から、実際に革の鞣しに必要なものは限られ、それが製品化されるハードルはさらに高いのです。

なので、タンニン以外の食の副産物で革を作るには、鞣しの技術力+供給の安定性が第一に必要になるのです。

皮が革になるまで。鞣し加工とは

食の副産物を鞣しに使用する意味

現代の地球環境の変化から、革業界のみならず様々な業界でサステナブルな製品の開発が進み、生まれています。

人体への影響、地球環境への影響に加え、長期的な視点で資源の確保を目的に取り組む企業が急激に増加しました。

また、こういった製品の開発実験により、新たな技術分野が誕生することで、より素晴らしい製品が生み出されたりもしています。

革業界も食品加工された牛の革、つまりは食の副産物を扱う業界。

しかしながら、革に似せた合皮をはじめ、革のタイプによっては鞣す際に出る廃棄物の処理方法によっては、環境に悪影響を及ぼしかねない革も実際に存在するため、より環境負担が少ない製品や革の開発が求められています。

また、食の生産者側も、製造の過程で生まれた副産物(廃棄物)の有効活用方法を模索しているところが依然多く、環境への負荷を減らしたいという気持ちは同じなのです。

sot(ソット)のサステナビリティ。

現在存在する「食」の副産物から生まれた革をご紹介。

お茶

飲料メーカーと協力して生まれる大量のお茶殻で鞣された革。

日本ならではの革ともいえますね。

古来から世界各地で存在する藍染は、実は革にも使われています。

藍染めの原料である藍草は、染色が堅牢なのが特徴です。

ワイン

タンニンを多く含むワインの搾りかすを再利用したものも存在します。

元々のワインに含まれる色素が、美しい赤色を生み出します。

またポリフェノールも豊富で、しなやかさもある革になります。

研究開発、製品化が進んでいるもの

珈琲

私たちが毎日飲む珈琲。

焙煎を終えた豆を使った革の開発も進んでいるそうです。

コーヒー豆は、鞣し加工に必要なポリフェノールの含有率が非常に高いので、革をしっかりと鞣すことができるんですね。

香りはどんなものになるのか、とっても気になります。

もみ殻

日本人の主食であるお米。

もみ殻から採取した油分を活かした革は、豊潤な艶感としなやかさが特徴です。

すでに市場に流通しているとの情報も!

柿渋

タンニンを多く含む渋柿。

柿で革を鞣すことは、驚きではなく、もはや必然であるのかもしれません。

陽に当てることによって、色を変える柿。

タンニン鞣し革と近いメカニズムで経年変化が起こるのです。

そもそもタンニン鞣しの❝タンニン❞とは?

柑橘

革が非常に爽やかな色に染まるといわれる柑橘類。

こちらもタンニンを多く含んでいるので、革の鞣しに使用できるかの研究が進んでいるそうですよ。

今までの革にはない、色味が作れそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

sot(ソット)が多く扱っているベジタブルタンニン鞣し革とは異なる性質を持ったこれらの革。

これからどんな副産物で新しい革が生まれてくるのか、とっても楽しみですね。

本革とはなにか。合皮(合成皮革)との違いなどをご説明