自分のことのように幸せ気持ちになる結婚式への参列。

ただ、結婚式に初めて参列する方の中には「どんな靴を履くべきか分からない!という方も多いはず。

今回はそんな方々に向けて、男女ともに結婚式に適した靴の条件をご紹介します。

新郎新婦に失礼のないように、しっかりと身だしなみのマナーをこのコラムで確認しておきましょう。

最後に靴下選びについても記載しているので、ぜひご覧ください。

結婚式に適した靴とは?

男性

基本的には柄の無い黒色の革靴を履くこととなっています。

デザインはトゥ(つま先)に横一文字があるストレートチップ、装飾のないプレーントゥのどちらかがよいでしょう。

また、紐付きの革靴は「外羽根式」と「内羽根式」の2種類あります。

外羽根よりも内羽根が良いとされていますが、現在ではあまり気にされないようです。

リンク:オンラインストア / シューズ一覧ページ

結婚式に茶色の革靴はアリ?ナシ?

茶系の革靴を履いた男性を式場で見かけることがありますが、カジュアルな色の革靴はすべてNGです。

革らしいイメージの茶色は「革=動物=殺傷」というイメージを与えかねないため、マナーとして控えるべきといわれています。

二次会のようなカジュアルな場面での着用は問題ないので、自分なりのファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、いずれも白色の革靴は履かないように心がけましょう。

男性が選ぶべき革靴の特徴まとめ

  • 黒色
  • ストレートチップまたはプレーントゥ
  • 無装飾
  • 紐付き
  • 内羽根(外羽根でも可)

女性

女性は男性と違い、革靴を履くのは原則控えなければなりません。

理想の靴の素材は布地で光沢のあるもの。

ヒールが3cm以上ある白以外の色のパンプスが理想となっています。

ただ、革靴でもエナメル素材のような光沢のある革靴は現在ではよく履かれているそうです。

上記のマナーを守り、ストッキングの色やドレスに合った靴選びをすることが大切ですね!

女性が選ぶべき靴の特徴まとめ

  • 白色を除いた明るい色
  • 布製(エナメルなどは可)
  • ヒールの高さが3cm以上
  • つま先が見えないもの光沢感のあるもの

靴がない!という方はレンタルもおすすめ!

「急に結婚式に出席することになった!」「適した革靴を持っていない!」「革靴を買いに行く時間がない!」という方は、革靴のレンタルサービスを利用するのもよいでしょう。

昔に比べて結婚式の挙式数が減るにつれて、革靴のレンタルサービスの利用者も増えてきました。

以前に使用していた革靴をしっかりと磨き、綺麗にして使うのもよいでしょう。

知っておくべき革靴の種類まとめ。特徴やおすすめの利用シーンなど

靴下の色にも要注意!

靴下の色は原則として革靴と合わせなければなりません。

ですので、基本的には黒色で無地の靴下を用意しましょう。

また、厚地のものや白色はNGとなっています。

まとめ

いかがでしたでょうか?

今回は結婚式に出席する際の靴についてお伝えしました。

ご紹介したものは一般的なマナーであり、主催者や式場によって違うこともあります。

また、時代の変化と共にマナーも変化していくもの。

今後どんなスタイルの結婚式が生まれていくのかにも注目ですね。

sot(ソット)では結婚式にも使える革靴やベルトなどを取り扱っております。

ぜひご利用ください。

【保存版】革靴の手入れまとめ