普段、皆さんはどんな名刺入れを使っていますか?

ステンレス製?
アルミ製?

はたまた合皮素材やプラスチック?

素材がたくさんある中、お気に入りの名刺入れを見つけるのはとても楽しいですよね。

ビジネスがスタートする、名刺交換。

「人が見た目だけで相手を大まかに判断する」と聞いたことはありませんか?
人は相手の印象を会って約5秒で見たときの印象だけで、8割程度を判断します。

なので、名刺入れはあなたがどんな人かを示すものでもあります。

今回は、社会人が覚えておきたい、見直したい!ビジネスマナー「名刺交換」について。

コラム終盤には、名刺入れの素材には革を選ぶべき理由もご紹介します!

名刺交換の前に!

名刺交換の前には、まず自分自身の身だしなみをチェックしましょう。

冒頭でもご紹介したように、どんなに使っている名刺や名刺入れが素敵でも、
あなたに対する第一印象が悪ければビジネスは上手くいくものも上手くいきませんよね。。

服装だけでなく、髪型やメイクの状態もしっかりとチェックし、
相手に清潔感を与えられるかを確認しておきましょう。

また、名刺交換時には、手元を見られることを考えて、
袖口の汚れ、手のかさつき、ささくれ、爪の長さなどもチェックしておきましょう。

忘れがちな名刺交換の正しい順序。

さて名刺交換をする瞬間。

「あれ?誰から名刺交換をすればいいんだっけ?」

こんなことにならないように、名刺交換をする順番を確認しておきましょう。

基本的には訪問者から名刺を渡すのがマナー。

複数の場合は、下記の通りです。(上司同伴で相手先に伺った立場の場合)

①上司ー相手の上司
②部下ー相手の上司
③上司ー相手の部下
④部下ー相手の部下

正しい名刺の渡し方と受け取り方

順番を確認したところで、次は名刺交換のマナーのの部分ともいえる、
名刺の渡し方と受け取り方について見ていきましょう。

まず、名刺交換を行う際には慌てないこと。

ただ、あまりにもモタモタしてしまうと、
相手からの信用もなくなってしまうので、名刺は素早く用意しましょう。

渡す際にはゆっくりと大きな声で名前や役職を伝えます。
もちろん相手の目を見て伝えましょう。

渡す際は、相手の名刺よりも低く差し出します。

名刺は名刺ケースに乗せて差し出し、相手に受け取ってもらいやすいように渡します。

この時、差し出す手は右、受け取るのは左手と覚えておきましょう。

受け取る際も相手の名刺を自分の名刺入れの上に乗せて名刺を受け取ります。

受け取った後はカードに右手を添えますが、自分の指で相手の名刺の字が隠れないように注意し、名刺入れの上に乗せたまま机に置いておきます。

間違いやすいマナー、注意するべき4つのこと。

①名刺交換はテーブルを挟まない場所で行いましょう。
②もし名刺がない場合には、「持っていない」ではなく「切らしている」と伝えます。
③汚れた名刺は渡さないこと!
④名刺は名刺入れから取り出す。

名刺入れで革を選ぶべき理由。

さて、名刺交換の基本がわかったところで、次は名刺入れの素材についてご紹介します。

色々な素材の名刺入れがありますが、大きく分けて5つの素材の名刺入れあります。

素材ごとにメリットとデメリットを見ていきましょう。

プラスチック製

お手入れが不要で、非常に安価な点がメリットです。

しかし、製品寿命が極端に短かく、相手にチープな印象を与えるため、
基本的に名刺交換の場面では使うのは避けたほうがよいといえます。

また、名刺の管理用として使っている方が多いようです。

合皮製

軽量と、非常に安価な点がメリットです。

しかし、プラスチックと同じく、相手にチープな印象を与えてしまうため、基本的には使用を避けたほうがよいでしょう。

アルミ・ステンレス製

スタイリッシュなイメージを与えることのできるアルミやステンレスの名刺入れ。

非常に人気ですが、相手にカジュアルすぎるイメージを与えてしまうことも。。

相手に合わせて、使い分けをする必要がありそうです。

木製

カジュアルなイメージを与えてしまうものの、使っている人がいないので、
名刺入れがきっかけで、話が弾むこともあるでしょう。

ただ、汚れや乾燥など、手入れをする必要があるので、状態の細かなチェックが必要です。

本革

見た目の印象では革が一番無難なもので、オーソドックスな素材になります。

お手入れが必要となりますが、革靴やバッグ、スーツとの相性も◎

名刺入れだけでなく、コーディネート全体で、
あなたらしさを相手に伝えることもできるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
昔から名刺入れの素材には本革が選ばれ続けてきました。

相手に与える印象と、自分らしさ。
この2点のバランスを考えて名刺入れは選びたいですね。

sotでは本革の名刺入れ(カードケース)を幅広く取り揃えています。

是非下記から自分らしい名刺入れを探してみてください。

リンク:sotオンラインストア名刺入れ(カードケース)一覧ページ

今年こそは本革の手帳カバーが欲しい!sotのおすすめの手帳カバーまとめ