みなさんは日本の伝統文様について関心がありますか?
よく製品などで見かける柄が、意外と日本の伝統文様であることもしばしば。

立涌文様(たてわく・たちわき)もそのひとつであり、模様に意味が込められています。

今回は、そんな日本の伝統文様である立涌文様(たてわく・たちわき)についてご紹介します。

立涌とは。格式高く、縁起のよい文様

立涌は「2本の曲線を用いて水蒸気が涌き立ちのぼっていく様子」を表す有職文様のひとつです。
その他にも、陽炎が立ち昇る揺らめきの様子や、雲気(うんき)が立ち昇る様子と言われることもあります。

ちなみに有職文様とは、平安時代以降に公家階級で装束・調度などに用いられていた伝統的な文様のことを指します。
つまり、階級によって身に付けられる模様が決まっていたという格式高い文様です。

この立涌文様は、正倉院の宝物としておさめられている古裂(いわゆる「正倉院裂」)にもよく見られます。

また蒸気が立ちのぼるさまは縁起のよいものとされ、吉祥文様の一つにもされています。

アレンジが進み、バリエーションを増やした立涌。

立涌は現在までに日本の文化や美意識と融合した日本独自の様式へと変化してきました。

なかでも、向かい合った波状の線のふくらんだスペースには、他の様々な文様が入り、それによって呼び名が付けられています。例えば、菊が配された「菊立涌」、雲が配された「雲立涌」、波が配された「波立涌」などがあります。

また波線の部分も変化したものがいくつかあります。
波線が途切れとぎれになっている「破れ立涌」、竹や藤の茎やつるで形づくられている「竹立涌」「藤立涌」などです。

伝統の立涌文様は、sotの製品にも。

sotのオリジナルレザーであるオースピスレザーシリーズは、立涌の存在感が存分に強調されています。
縁起のよい日本の伝統文様と、レザーが融合したシリーズです。

色は赤と青の2種類で、2タイプの財布とキーケースをご用意しています。
和のテイストを持ち、上品な雰囲気を醸し出す人気アイテムです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は日本の伝統文様である立涌についてご紹介しました。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

(リンク:sotオースピスレザーシリーズ