革製品の中で圧倒的なシェアを占める牛革。

今回は、その特徴や種類をご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

牛革について

世界に流通している革製品の80%以上を占める牛革。

牛革の読み方は「ぎゅうがわ」、英語ではcow leather(カウレザー)と呼ばれます。

主にアメリカや中国で生産されますが、若い牛革の生産は仔牛の肉を食べる文化のある欧州が盛んとなっています。

牛肉の消費量は世界的に安定しているため、革の生産量や価格も安定しています。

また、革が適度に柔らかく加工がしやすいという特徴を持ちます。

これらが革製品に牛革がよく使われる主な理由です。

本革とはなにか。合皮(合成皮革)との違いなどをご説明

牛革の種類と特徴

牛革は、年齢や性別、体の部位によって性質が大きく異なります。

毛穴の数は生まれた時から増加せず、成長につれて皮膚面積と厚さが増していきます。

つまり、牛の年齢は革の毛穴の間隔を見れば、ある程度推測することが可能となっています。

部位

肩 / ショルダー

肩は頻繁に筋肉が動く部位ということもあり、表面にシワが多いのが特徴です。

柔軟性と強度が高く、馬具などにも使用され、特徴であるシワもデザインのひとつとして活用されています。

ベンズ / 背中~腰

革の繊維密度が均一であるのが特徴です。

大きさや長さを必要とするベルトなどによく利用される部位です。

表面に傷が少ないことや、歪みや伸びなどにも強い特徴もあります。

バット / 尻

繊維密度がとても高く、厚みがある部位です。

シワの少ない美しい表情が特徴で、牛革のみならず馬革などでも貴重な部位として重宝されています。

ベリー / 腹~腰

一方、ベリーは革の厚みがない部位です。

そのため他の部位に比べて柔らかく、強度面で大きく劣りますが、安価で加工もしやすい特徴があります。

裏革として、革靴の中敷きなどに利用されています。

ネック / 首

血液の流れをコントロールする頸動脈(けいどうみゃく)を守る重要な部分であるため、革には厚みがあります。

部位面積が小さいため、市場ではあまり出回ることがありません。

革製品においては目立たない内装などに使用されています。

ヘッド / 頭

人間同様、牛の頭の革も薄くて強度が弱い部分となります。

こちらも通常は市場にはあまり出回りません。

鞣し(なめし)とは。~皮が革になるまで~

年齢と性別

カーフスキン

生後6か月未満の仔牛の革で、牛革の中でもっとも価値が高いことで知られています。

革面積が小さく、キメが細かいという特徴があり、見た目や手触りの良さにも定評があります。

とても高価であるため、ハイブランドの革製品に使われることが多い革です。

キップスキン

生後6か月~2年未満の牛革。

カーフスキンに次ぐ高級素材として知られ、革の質が高く、ハイブランドの革製品によく見られます。

また、ヨーロッパでは「カーフスキン」を一括りにして「キップスキン」と呼ぶことがあります。

カウハイド

出産経験のある、生後2年以上が経過した雌牛の革です。

柔軟性があり扱いやすく、流通量も多く、価格が安定しています。

代表的な革にはブライドルレザーなどがあります。

また、出産経験のない雌牛の革は「カルビン」と呼ばれ、カウハイドよりもキメが細かく、肌触りが滑らかなのが特徴です。

ステアハイド

生後3か月~6か月の間に去勢した、生後2年以上の雄牛の革です。

キメがやや粗いものの、厚みがあるため丈夫です。

牛革の中で最も流通量が多いという特徴があります。

ブルハイド

生後3年以上の雄牛の革。

キメがかなり粗いものの、ステアハイドよりも厚みがあり、とても丈夫です。

用途としてはブーツなどの耐久性が必要な革製品によく使われています。

皮革とは。革を知るうえで欠かせない最重要ワード

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は革製品によく使われる牛革についてお話しました。

革の部位の違いによって、特徴や用途は大きく異なります。

また、革製品は最終的に表面に塗装などの仕上げが施されます。

仕上げは革の雰囲気を大きく変える工程になるので、気になる方はぜひ下記のコラムもご覧ください。

その数20種類以上!たくさんある革の仕上げ方法をご紹介