みなさんは、がま口についてご存知でしょうか?
色々なお店でよく見かけるデザインですが、その歴史や魅力などは意外にも知られていません。
財布やカバンの形として、昔から今なお親しまれています。

今回は、そんな「がま口の財布」についてご紹介いたします。

西洋から伝わった?明治時代から受け継がれる歴史。

がま口とは、口金のついた袋物の総称であり、開いた口の形が蝦蟇に似ていることからそう呼ばれています。

実はこのがま口、和風なイメージが強いですが、日本で作られたものではなく、明治維新のときに西洋から伝来したものなんです!

明治政府陸軍省の御用商人であった山城屋和助が明治時代の初期にフランスから持ち帰ったのが最初と言われています。山城屋和助は、陸海軍用の兵器を輸入するため明治4年からヨーロッパやアメリカを巡っていました。

その道中フランスに訪れた際に目にしたのが、当時に紳士や婦人問わず大流行していた牛革やがま口の財布やカバンでした。その魅力に惹かれてそれらを日本に持ち帰り、模倣して製造販売したことが製鞄業やがま口の始まりです。

日本人の文化に定着した、がま口というデザイン。

当時の日本では、ちょうど山城屋和助ががま口を持ち帰る前年の明治4年に紙幣が発行されました。
そこで山城屋和助は、がま口の財布に紙幣を入れられるように改良して販売したところ、少しずつ日本人の文化に定着していったのです。

がま口の財布が売られるようになった当初は、がま口を使用するのは一部の富裕層のみでした。しかし、安価な溝輪金の口金が開発されると、がま口の財布は庶民にも普及し大流行となりました。

革にこだわった、sotのがま口財布シリーズ

sotのがま口財布シリーズは、がま口の特徴である中身の取り出しやすさに加え、
素材の革にこだわり、使いやすさとデザイン性を実現しています。

(リンク:sot がま口財布の一覧

AMANDAレザー がま口ウォレット (S)

たっぷりオイルを含んだ国産のフルタンニンレザーを使用した2つ折りサイズのがま口財布です。
表情豊かなレザーともっちりとした質感が、ころんとしたがま口にぴったりです。
ショートウォレット程の大きさながら、見やすさと取り出しやすさはピカイチです。
使い始めは革に張りがあるものの、使い込むとクタッとした質感に変化します。

真ん中に仕切りがあるので小銭と2つに折ったお札を分けて入れることができます。
小銭を別で持つ場合はカードとお札に分けて入れるのもおすすめです。
両側にはカードポケットが1つずつ付いています。

(リンク:AMANDAレザー がま口ウォレット(S)

AMANDAレザーを使用

AMANDAレザーは、丈夫・傷が目立ちにくい・程よいハリ感・ふっくらもっちりとした質感、・絶妙な色ムラなどの特徴を兼ね備えた革で、がま口の財布に適した素材です。

たっぷりとオイルを含ませた国産のフルタンニンレザーを使用し、なめし加工の途中に薬品で表面を縮ませることでシボを際立たせるシュリンク加工を施します。 革には銀面層(表面層)と皮下層があり、それぞれの繊維組織が異なります。 シュリンク加工は濃度の高いタンニン液に革をつけることで、銀面層(表面層)の繊維組織だけを収縮させてシボを強調させています。

こうしてつけられたシボは容易に伸びないので、エイジングをした時にシボ感の凹凸によって模様のような色合いを楽しむことができるんです。 また、表面にシボ感の凹凸があるので傷なども目立ちにくくなります。

またシュリンク加工後、ガラスの玉のようなもので革の表面に圧力をかけながら高速運動させ、革の表面にツヤを持たせるグレージング加工を施します。摩擦熱が発生するので、シュリンク加工でできた革のシボの凸部分が少し焼けます。 そして革の表面にある細かいシワや毛穴などを潰して均一な面に仕上げることで、上品なツヤ感を出すことを実現しています。

AMANDAレザー がま口ウォレット (L)

こちらは、AMANDAレザーを使用した、がま口の財布です。
たっぷりオイルを含んだ国産のフルタンニンレザーを使用し、 表情豊かなレザーともっちりとした質感が、がま口にぴったりです。 お札を折らずに入れられるロングウォレットサイズなのもポイントです◎

使い始めは革に張りがあるものの、使い込むとクタッとした質感に変化します。
真ん中には更にがま口が付いているので、小銭を入れても散らばりません。

お札を分けて入れても、片方をカード入れにしてもおすすめです。
両側にはカードホルダーもあるので、シンプルながら整理整頓のできる優秀な財布です。

(リンク:AMANDAレザー がま口ウォレット (L)

DEWYレザー がま口 ショートウォレット

姫路の老舗タンナーにて作製した、 ふっくらとした質感に仕上げた手触りのがま口財布です。

革をふっくらさせた分、デザインをシンプルにすることで かさばらずスッキリとしたシルエットに仕上げました。 最初はマットな質感ですが、使い込むときれいな艶が現れてきます。

外側にがま口タイプの小銭入れを付けました。
がま口ならではな見やすさと取り出しやすさが嬉しいポイント。
カードホルダーは左右内側に向き合うようにしているので、 お財布からカードが落ちる心配がありません。
また、スナップボタンでしっかり留められるので膨らまず、 小さめなバッグを持つ時にも重宝します。

DEWYレザー

姫路のタンナーで植物タンニンでなめされた牛革、素材の風合いを引き出すよう透明感のあるしっとりとした仕上げのレザー。オイルをしっかりと含み、吸い付くような手触りの良さと奥行きのある上品な表情を持っています。 使い込むことで経年変化も楽しめる素材です

(リンク:DEWYレザー がま口 ショートウォレット

DEWYレザー がま口 ロングウォレット

姫路の老舗タンナーにて作製した、ふっくらとした質感に仕上げた手触りのがま口財布です。 革をふっくらさせた分、デザインをシンプルにすることでかさばらずスッキリ としたシルエットに仕上げました。 最初はマットな質感ですが、使い込むときれいな艶が現れてきます。

外側にがま口タイプの小銭入れを付けました。 がま口ならではな見やすさと取り出しやすさが嬉しいポイントです。 カードホルダーは左右内側に向き合うようにしているので、お財布からカード が落ちる心配がありません。 また、スナップボタンでしっかり留められるので膨らまず、小さめなバッグを 持つ時にも重宝します。

(リンク:DEWYレザー がま口 ロングウォレット

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、がま口の歴史やがま口の財布の魅力をご紹介しました。

気になった方は、ぜひチェックしてみてください!