日本の伝統的なデザインとして有名な「がま口」。
色々なお店でもよく見かけますが、その歴史や魅力などは意外にも知られていません。
実は近年、大人の女性にとても人気です◎

今回は、そんな「がま口財布シリーズ(gamaguchi-purse)」についてご紹介いたします◎

(リンク:がま口財布シリーズの商品ラインナップ

がま口の魅力とは

「がま口」は、その特徴的なフォルムが生み出すデザイン性と機能性がとても人気です。

「がま口」というのは、蝦蟇(ガマガエル)の口のこと。
蝦蟇(ガマガエル)の口に似た形の口金を持つもの全般を指しています。

また大きく口を開くので、とても中身が取り出しやすく、バッグや財布によく使用されます。

がま口財布の歴史

和風なイメージが強いがま口ですが、日本で作られたものではなく明治維新のときに西洋から伝来したものです。
ここではその歴史について簡単に触れておきます◎

がま口というデザインが日本に伝わるまで

明治政府陸軍省の御用商人であった山城屋和助が明治時代の初期にフランスから持ち帰ったのが最初と言われています。

山城屋和助は、陸海軍用の兵器を輸入するため明治4年からヨーロッパやアメリカを巡っていました。
道中フランスに訪れた際に目にしたのが、当時に紳士や婦人問わず大流行していたがま口の財布やカバンでした。

その魅力に惹かれてそれらを日本に持ち帰り、模倣して製造販売したことが製鞄業やがま口の始まりです。

日本の文化に定着した、がま口財布

当時の日本では、ちょうど山城屋和助ががま口を持ち帰る前年の明治4年に紙幣が発行されました。
そこで山城屋和助は、がま口の財布に紙幣を入れられるように改良して販売したところ、少しずつ日本人の文化に定着していったのです。

がま口の財布が売られるようになった当初は、がま口を使用するのは一部の富裕層のみでした。
しかし、安価な溝輪金の口金が開発されると、がま口の財布は庶民にも普及し大流行となりました。

がま口財布シリーズの商品ラインナップ

sotのがま口財布シリーズは、がま口の特徴である中身の取り出しやすさに加え、
素材の革にこだわり、使いやすさとデザイン性を実現しています。

(リンク:がま口財布シリーズの商品ラインナップ

DEWYレザー がま口 二つ折り財布

姫路の老舗タンナーにて作られた、 ふっくらとした質感のがま口財布です。
革をふっくらさせた分、デザインをシンプルにすることで かさばらずスッキリとしたシルエットに仕上げました。

カラーはブラックとブラウンの2色です◎

外側にがま口タイプの小銭入れがついています。
がま口ならではの見やすさと取り出しやすさがポイントです◎

カードホルダーは左右内側に向き合うようにしているので、お財布からカードが落ちる心配がありません。
またスナップボタンでしっかり留められるので、膨らむことなく、小さめのバッグを持つときにも重宝します。

(リンク:DEWYレザー がま口 二つ折り財布の商品ページ

DEWYレザー がま口 長財布

カード、現金をもっと広々と収納したい方のために長財布もご用意しています。
こちらもブラック・ブラウンの2色の展開です。

使用している革は、DEWY(デューイ)レザーです。
DEWYレザーは姫路の老舗タンナーにて作られる、sotのオリジナルレザーです。

裏地にも甲州織を使用するなど、革以外の素材にも非常にこだわっています。

(リンク:DEWYレザー がま口 長財布の商品ページ

AMANDAレザー がま口 長財布

こちらはAMANDAレザーを使用した、がま口の財布です。
オイルをたっぷり含んだ国産のフルタンニンレザーを使用しています。

キャメル・ブラウン・ブラックの3種類をご用意しました。

使い始めは革に張りがあるものの、使い込むとクタッとした質感に変化します。
真ん中には更にがま口が付いているので、小銭を入れても散らばりません。

お札を分けて入れても、片方をカード入れにしてもおすすめです。
両側にはカードホルダーもあるので、シンプルながら整理整頓のできる優秀な財布です。

(リンク:AMANDAレザー がま口 長財布の商品ページ

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、がま口財布の歴史やsotこだわりの製品をご紹介しました。

気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

(リンク:がま口財布シリーズの商品ラインナップ