自覚症状が少ないとされる開張足がどんなものかあなたはご存知でしょうか。

現代人に起こりやすい、足の悩みのひとつである開張足は、
運動不足、姿勢の悪さ、体重の急激な増加、そして靴選びの失敗によって起こります。

開張足は簡単に治すことができる症状ですが、
一度なってしまうと足だけでなく、体の至る箇所に悪影響を及ぼす危険性も。

今回はそんな開張足について解説します。

開張足とは?


開張足は、人間の足に存在する通称「3つのアーチ」のバランスが崩れてしまった状態のことをいいます。

この足の3つのアーチは、人間が歩く、走る、立つときに必ず機能するもので、
体重の分散や、各関節の負担の減少に役立っています。

開張足は、この3つのアーチの中の1つである、足指の付け根にかかる横アーチのバランスが崩れてしまい、足の親指と小指の付け根が、横に大きく広がっている状態をいいます。

では、開張足になると、どんな影響がでるのでしょうか?

まず、開張足になると著しく足の筋肉の使い方が偏る状態になります。
足のバランス感覚にも影響が及び、
歩行の際はもちろん、直立した際にもフラフラとしてしまうことが予想されます。

また、慢性的な足の疲れ、重さを感じます。

開張足による体への影響はそれだけではありません。
体の土台である足元のバランスが崩れることにより、
その影響は腰・膝、肩、首にも現れ、各所で痛みを伴った症状が起こります。

また、足の親指が変形する、外反母趾(がいはんぼし)になる可能性も上がるなど、
開張足によって、様々な悪影響が引き起こるのです。

革靴選びは慎重に。足の問題「外反母趾」とは?原因と治し方。

 

開張足の原因とは?開張足と革靴の関係。

開張足になる原因として一番大きな要因は、自分の足の形に合わない靴を履くこと。

足に合わない靴を履き続けることによって、
通常使うはずの足の筋肉が使われない状態になり、足の変形と筋肉の弱化が起こります。

特に、タイトなサイズ感のヒールやパンプスなどの靴を履くと、
靴の中で両サイドの足指をきつく締めつけて動かない状態になるため、結果足裏の筋力が減ってしまうのです。

一般的に開張足は、男性よりも女性が開張足になる可能性が圧倒的に高く、先ほど述べたようなタイトなサイズの靴を履く機会の多さや、女性は足の関節が元々に柔らかいことが原因とされています。

もちろん、現代人に起こりやすい運動不足による筋力の低下や、
姿勢の悪さも開張足を引き起こす原因の1つとされています。

開張足かどうかをチェック!開張足の治し方はある?

では、あなたが実際に開張足かどうかチェックしていきましょう。

チェック方法はとても簡単。

裸足の状態になり、足指を折りたたむように丸めてください。
その際に、足指の付け根部分に骨の突起が見受けられなかったり、
触って骨のゴツゴツした感触も感じられなければ、開張足の疑いがあります。

そして開張足の治し方ですが、開張足は足の筋力を増加させることで改善をすることが可能です。
実際には足指を折りたたんだ後、大きく指を広げたりと、
指の体操を日常的に行えば、簡単に足全体を動かして足の筋肉を増やすことができます。

そしてなによりも毎日の歩行時に姿勢を正して歩くことが開張足予防・改善には重要です。

踵を地面につけてから、重力を足指に移動させて歩くことを意識するとよいでしょう。

正しい姿勢で歩くだけでも、適切な筋肉を動かすことができます。

また、急激な体重の増加を防いだり、使用している靴のサイズ感を見直して、足に負担の無いサイズ、デザインの靴を選ぶようにしてください。

※ひどい開張足である方は、インソールを購入したり、整形外科に行って診断を受けることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は足の悩み、開張足についてお話しました。

開張足の知識を持てば、
いかに自分に合ったサイズの靴選びをする必要があるかがお分かりいただけると思います。

靴のデザインを気に入ったからといって、足に極度の無理をさせないことがとても大切です。
sotでは、日本人の足に合った革靴を販売し、試着の際には店員がサイズ選びをお手伝いさせていただきます。

リンク:オンラインストア / シューズ一覧ページ

本革の革靴は、履くことによって革が馴染み、
より快適で、あなたの足の形に合った靴へと進化していきます。

こういった靴を選び、開張足を予防することで、
開張足によって引き起こされる腰痛・膝、肩、首への負担も抑えることができるでしょう。

健康管理のひとつとして、開張足にはお気を付けください。

O脚とは?靴にもたらす弊害と治す方法。