sot(ソット)のテーマカラーである深い緑色。
緑色にもいろんな種類がありますが、この深い緑色の正式名をご存知ですか?

sotはブランドのテーマカラーに、この千歳緑(ちとせみどり)という深い緑色を使っています。

「千歳緑」。
この色を聞いたことがない方も多いでしょう。

花にも花言葉があるように、色にも知ると面白い「色の意味」や歴史が隠されています。

sotが千歳緑をテーマカラーに選んだ理由。
そして、千歳緑が持つ意味合いを商品づくりにも活かす、私たちの“想い”をお伝えします。

日本人と色の関係。

国と色の関係は、その国の自然や歴史によって大きく変わります。

日本は四季の移ろいや、豊かな自然といった特徴が他の国に比べてありますよね。

皆さんも夏の青々とした木々の緑が、秋になって紅葉する姿はお好きではないでしょうか?

そのような環境下で育ってきた私たち日本人は、
単に赤っぽい色味のものを「赤色」と分類することなく、
深い赤には違う色の名前を付けたり、「小豆色」のように、植物の名前を色の名前に盛り込んだりと、わずかな色の違いのある色にもそれぞれ独自の名前を付け、さらにはそれを装飾品や服飾品に古来より用いてきました。

日本人は古くから非常に敏感に色の違いを感じ取り、名前を付けることで、日本が持つ色のバリエーションが増えていったのですね。

貴族と庶民で使える色が決められていた時代?

昔は貴族と庶民で使える色が決められていた時代がありました。

貴族の使える色は非常に鮮やかであり、その色によって貴族内での身分が分がわかるようになっていた時代(平安時代の冠位十二階制度)もあります。

しかしながらそんな状況下でも庶民は、独自にその身分で使える色を楽しみ、ついには「四十八茶百鼠(庶民の作った色のバリエーション集)」を作ったりなど、身近な色をひっそりと楽しんでいたりしていたそうです。

庶民が発見した色に名前を付けて楽しむとは、日本人と色の関係がかなり深く、身近だったことが分かりますよね。

日本の伝統色。

日本には古い時代から人々に愛されてきた伝統色というものがあります。

これは日本人が古くから愛してきた色のことを指し、色の歴史が長いものが挙げられます。

鮮やかな色をはじめ、心落ち着く深い色、
そして和の文化を彷彿とさせる渋い色など本当に多種多様な色味が選定されています。

その中に含まれるのがsotのテーマカラーでもある「千歳緑」。

ちとせみどりの他にも「せんざいみどり」「せんざいりょく」と呼ばれます。

その千歳緑が持つ意味をご紹介します。

千歳緑の持つ意味とは?

千歳緑は、日本の四季の移ろいの中でも決して変わらずに緑の葉をつける松の様子を表した色です。
松は神社や日本庭園にも使われるように、古来より日本人に愛されてきた植物です。

そんな千歳緑は、松の葉のように“長い時が経っても決して変わることのない緑色”
つまり、「不変」という意味があります。

そんな「不変」という意味を持つ千歳緑は、
古くから「不老不死を意味する色」として愛されてきました。

千歳緑の歴史は古く、平安時代からすでに存在していて、
当時を代表する巻物「狭衣物語」にも登場しています。

「時代が変わっても、不変的な物の良さを追求し、その良さによって人を幸せにする。」
このsotの製品づくりの目標が、千歳緑の意味に通ずるようにとこのテーマカラーを選び、使用しています。

sotのロゴマークである、ハトが緑のオリーブを咥えている姿からも色のインスピレーションを受けています。

【平和の象徴】オリーブを咥えた”鳩”

まとめ

いかがでしたでしょうか。

sotは革製品の販売を通して、千歳緑のように不変的なモノの良さを伝えたいと考えています。

また、最優先課題である環境問題に配慮した製品作りや、取り組みによって、
今後も私たちにとっての唯一の家である地球の歴史が、松の葉のように永遠にして続くよう、
可能な限り、ブランドとして環境改善に努めていきます。

皆さんも身近な色の名前を調べてみたり、
その名前の持つ意味を調べてみてはいかがでしょうか?

新たな発見があるかもしれませんよ。

sot(ソット)のサステナビリティ。