ファスナーのトラブル。

「ファスナーが急に閉じなくなった。」
「ファスナーが動かない。」
「ファスナーが止まらずに動いてしまう。」

などなど、ファスナーに関する問題にはいろいろなものがありますが、意外にもこれらは家の中にある身近な物などを使って直すことが可能です。

急なトラブルにも対応できるようになっていますので、ぜひご覧ください。

【トラブル別】ファスナーの直し方

まず最初にファスナーがどうして動かなくなってしまったのかの原因を調べてみましょう。

どんな状態かによって対応方法が変わりますので、しっかりと確認してくださいね。

ファスナーが動かない / 滑るのに閉じない

これはファスナーの錆や、ファスナーの潤滑性がなくなっていることが原因です。

この場合に使うのはオイルやシリコンスプレー。

サッとオイルを指し込んだり、ファスナーにスプレーを吹きかければ元に戻りやすくなります。

また、身近な物で使えるのが鉛筆やワセリン。

鉛筆は、鉛筆の内部に含まれる亜鉛がオイルと同じ潤滑油の働きをするため、有効です。

【注意点】

オイルなどを使う場合は、中のものが濡れないように注意しましょう。
また洋服に付着しないようにお気を付けください。

ファスナーで布などを噛んでしまった

ファスナーで裏地などの布を噛んでしまったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

そんな時はまず落ち着いて、布を横にしっかりと引っ張りながら、ゆっくりとスライダーが食い込んだ方と逆の方向にファスナーを動かしてみましょう。

このとき、裏から布をゆっくりと引っ張ると解決することも多いので、まずはこの方法を試してみましょう。

それでもファスナーの状態が変わらなければ、スライダーの側面からマイナスドライバーなどを使って、噛み合わせの部分にスペースを作ります。

上手く隙間ができれば布が取り出せるのでお試しください。

【注意点】

力を込めてファスナーのスライダーを動かしてしまうと、さらに状況が悪化する場合があるので、あくまでもゆっくりと丁寧にスライダーを動かしましょう。

スライダーが壊れてしまった

スライダーが壊れると、自然にファスナーが開いたりしてしまうことがあります。

これは経年劣化によるトラブルで、ジーンズのファスナーなどでよく見られるトラブルです。

残念ながらこちらの解決法はなく、ファスナーの全体交換となる場合が多いようです。

引手を紛失した

ファスナーの引手の紛失は意外にもご相談として多く、なにも対応せずにそのまま使い続ける方が多いように思います。

しかしながらファスナーの開閉がスムーズに行えず、毎回ストレスを溜め続けるのは賢明ではないでしょう。

まず、ファスナーの引き手部分は、100円均一ショップや手芸屋で手に入れることが可能です。

取り付けはたったの30秒程度で終えることができ、引手がスライダーから抜けてしまっただけの場合、ファスナーの種類によっては「ペンチ」や「口金潰し」とよばれる道具を使って直すことができます。

この2つはホームセンターでも手に入ります。

気になった方は下記のコラムから詳細をご覧ください。

レザークラフトに必要な道具特集【応用編】

また、一時的な直し方として、クリップなどをスライダーに引っ掛けて使うことも可能です。

sotオリジナルのケア用品はファスナーの動きを滑らかにする効果も。

レザーケアや木材家具の保湿などに使用できる、sotのオリジナルケア用品「ハチロウ / 蜂蝋(ナチュラルワックス)」は、ファスナーの滑りをよくする効果もあります。

少量でもスッと馴染むため、とっても経済的。

いろいろな場面で役に立つハチロウ / 蜂蝋(ナチュラルワックス)」をぜひお使いください。

リンク:ハチロウ / 蜂蝋(ナチュラルワックス)の商品ページ

蜂蜜でできた蝋『ハチロウ』のご紹介◎ 革製品やファスナーのメンテナンスに

まとめ

実はファスナーも品質によって、壊れやすいものがあります。

sotでは、毎日の使用をストレスなくお使いいただけるような高品質なファスナーを採用しておりますが、万が一問題がございましたらお気軽にお問合せください。

ご紹介したいくつかの対処法を知っておけば、いざというときにも落ち着いて適切な対応ができますね。

また、急いでファスナーを閉じたり、無理に扱うことがトラブルの発生を起こしやすくするので、普段からきちんとファスナー部分を大切に扱うことが重要です。

以上、ファスナーのトラブルに対応できる「ファスナーの直し方」をご紹介でした。

YKKの高級ファスナー「EXCELLA(エクセラ)」をご紹介◎

※ご自身での対応が困難な場合は無理せず専門のリペアショップにご相談することをおすすめいたします。