靴が雨によって濡れるとショックですよね。

靴などの革製品は水分を含んでしまうと、革が硬化したり、色落ちが進んでしまいます。
もし靴が濡れしまった場合、どんなことを行えばいいのでしょうか。

今回は、革靴が雨に濡れてしまった場合と、予防方法をご紹介します。

雨に革靴が濡れた場合にまず行うこと。

「革=水に弱い」という概念から、革靴も衣類と同様に、
水分を含んだハンカチやタオルで応急処置をしたらいけないと思っている方も多いでしょう。
確かに革靴やその他革製品の場合、
水分を取り除くという処置をあまりに怖がってしまい、しばらく放置される方が多いようです。
しかし、雨は時間の経過とともに革の繊維に馴染んで定着してしまい、時間が経てば経つほど落ちにくくなります。

つまり、取り急いででも、水を含ませた布を濡れてしまった箇所に当てて処置することが大切なんです。

雨に濡れてから、即座にこの行動をしておくだけで「シミにならない確率」がグッと上がります。

少し雨に濡れてから時間が経ってしまった場合は、しっかりと硬く絞った布や少量の水を含ませた柔らかいスポンジ状のもので靴全体をまんべんなく濡らしましょう。

これによって、シミがかなり目立ちにくくなります。
そして、革靴が雨に濡れてしまっても、決して乾燥機やヒーター、ドライヤーは使用しないでください。

革も天然素材であるため、乾燥機によって大きく革が縮んでしまいます。

革らしさを強調した革は、素上げや薄い塗装仕上げを施したものが多いので、表面は塗装膜に十分に覆われていません。

そのため、水に弱く、濡れた革は水分が蒸発して乾燥すると、収縮作用が起こり、
表面が硬化し、元の風合いが損なわれます。

濡れた革靴の保管方法。

また、濡れてしまった革靴をそのままにしてしまうと、靴の形崩れが起きてしまう可能性があるので、
新聞紙を靴の中に入るサイズに丸めて入れてあげましょう。
新聞紙は湿気がたまったらその都度新しい新聞紙に交換してください。

乾燥がある程度できたら、靴を壁に立てかけて最後にしっかりと全体を乾燥させてあげましょう。

乾燥がしっかりとできたら、クリームを使って栄養素を与えて、防水スプレーをかけてあげてから靴箱に保管しましょう。

油分や潤いの無い革は水を非常に含みやすい為、この機に手入れをしておくことは大切です。

雨につよい革靴はあるの?

雨の日に履く靴で一番イメージが湧くのは長靴だと思います。
子供のころ皆さんが履いた長靴は、素材がゴムなので完全防水。

しかし大人になると長靴を履いて会社に出勤、お出かけなど、しにくいですよね。

では雨の日の通勤、お出かけで、オススメの革靴はどんなものがあるのでしょうか?
ご紹介していきます。

雨の日に強い革靴の種類はアッパー(革靴の上部)の素材がスエードやヌバック素材で、靴底がラバーソール(ゴム製)のものがオススメです。

「でもスエードって雨の日に履けるの?雨に弱いイメージがある。」という方も多いと思います。
スエードやヌバック素材が雨に強いとされる最大の秘密は「起毛(毛の存在)」にあります。
革本体の上部に毛が密集していることで、雨が革の内部まで染み込んでしまうのを毛の一本一本が守ってくれるんですね。

人間でも雨に髪が濡れてしまっても、ある一定時間は頭皮まで雨で濡れるということがないのと同じ原理です。

起毛素材ベロアとは?ほかの起毛素材との違いを解説。

きちんとケアを行ったスエードやヌバック素材は、革に油分と潤いがたっぷり染み込んでいるのでいる上に、毛の部分はフッ素加工で水に対して強くなっているので、強い撥水性があるのです。

ただし、スエードやヌバック素材が雨に強いのは「お手入れ」があってのもの。

起毛素材に適した防水スプレーをかけるなどは基本となります。

日々の革靴の手入れをしっかりすることは、雨の日でも革靴を楽しめることにつながるんですね。

雨以外のシミができた場合はどうすればいいの?

では、雨に濡れてしまう意外の理由でシミになりやすいものを、対処法とあわせてご紹介します。

水性のシミ(コーヒー・ジュース・アルコール類など)

コーヒーやその他飲料は水性のシミの代表格です。
これらは油分を含んでいない為、先ほどご紹介した、早急に水を含ませた布を当てることで、シミになるリスクは取り除くことができるでしょう。
しかし、色素が強いワインや紅茶、果汁入りのジュースなどは色素がシミとなって現れることがあるので、より気をつけることが大切です。

油性のシミ(ソース・ドレッシング)

これらには油分が含まれている為、革に染み込んでしまった場合、完全に取り除くことは難しくなります。

しかしながら、この油性のシミに対しても、すぐに濡れた布でふき取るなどの処置をすれば、深刻なシミにはなりずらいでしょう。

また、オススメとして台所用の中性洗剤を水で泡立てて、タオルで軽くたたくことで、油を浮かせるとより効果的です。

その他(ボールペン・血液)

血液を取り除く場合には、水を含ませた布で取るのが一番ですが、お湯は厳禁です。
血液に熱が加わってしまうと、たんぱく質が凝固してしまい、革の繊維に馴染んで取れなくなります。

ボールペンは消しゴムで擦るか、揮発性のあるベンジンなどの溶剤で軽くたたくことで、早い段階であれば取り除くことができるでしょう。

ボールペンもまた、油性のシミ同様に、時間の経過と共にシミになりやすいので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これを読めば、雨の日でも安心して革靴を履いていただけると思います。

繰り返しになりますが、大切なのは「対処のスピード」です。

雨以外のシミにも充分気を付けて、革靴ライフを楽しみましょう。

革の色落ち・色移りの原因と予防策。