みなさんは、どのような財布を使っていますか?
近年のキャッシュレス化に伴い、種類や呼び名が増えてきた財布。
英語でも”wallet”や”purse”、”billfold”など様々な言葉が存在します。

その種類をしっかり知っておくことにより、自分で長く使う財布やプレゼントに最適な選択ができるかもしれません。

今回は、そんな財布の種類ごとの特徴についてご説明します◎

(リンク:sot(ソット)の財布一覧はこちら

財布の種類①:サイズ編

財布には、鞄と同じように様々な大きさのものが存在します。
実はそれぞれの種類に対して、具体的な定義があるわけではありません。

常に持ち歩く財布だからこそ、選ぶ際にサイズを間違えてしまうと普段のストレスに繋がってしまいます。

そのため、ここではsot編集部が独自に分類して特徴を説明していきます◎

長財布

財布の王道とも言っていいのがこの「長財布」です。

長財布の特徴は、なんと言ってもその容量の大きさ
紙幣や小銭、カード、領収書などをたくさん収納できます。

ポイントカードをうっかり忘れることが少ないので、損した気分を味わうことも少ないです。
その容量や紙幣を折ることなく収納できることから、昔から金運に良いとされてきました。

(リンク:長財布の商品ラインナップ

二つ折り財布

長財布と並んで、あらゆる世代に人気があるのが「二つ折り財布」です。
二つ折り財布が長財布よりも低価格であることが多いのも、根強い人気の理由です。

容量の大きさは長財布に劣りますが、お札や小銭、カードなどは問題なく収納できます。

鞄に入れやすく、またサイズによってはポケットに入れて持ち運べるのがとても便利です。
一般的に小銭の出し入れがとてもしやすいので、会計時のストレスがありません。

(リンク:二つ折り財布の商品ラインナップ

ミドルウォレット

長財布と二つ折り財布の中間くらいの大きさに位置するのが、「ミドルウォレット」です。
それほど馴染みがないかもしれませんが、意外にも人気のタイプなんです。

魅力は長財布ほどかさばらず、長財布と同等の収納力を持っているという点です。
特にカードの収納には優れているので、クレジットカードやポイントカードが多い方にもとてもおすすめです。

(リンク:ミドルウォレットの商品ラインナップ

ミニ財布

ミニ財布は一般的な二つ折り財布よりも小さいものを指します。
とにかくコンパクトにまとまるのが最大のメリットです。

お札・小銭・カードをそれぞれ少しずつ収納するのにとても便利です。
小さなバッグを持ち歩く方や、サブの財布としても非常に人気です◎

(リンク:ミニ財布の商品ラインナップ

小銭入れ・コインケース

コインケースは、お札やカードの収納を考えず、小銭の収納に特化しています。
ものによってはカードやお札の収納も少し可能です。

マネークリップなどと併用すると非常にスマートです。

(リンク:コインケースの商品ラインナップ

財布の種類②:クチのタイプ編

財布の種類はサイズだけでなく、「クチのタイプ」によっても分類することができます。
中身の出し入れが頻繁な財布にとって、クチは機能の面でとても重要です。

かぶせ蓋

かぶせ蓋タイプは、財布の開閉部分にボタンやファスナーが付いていないものを指します。
紙幣をたたまずに収納でき、出し入れが非常に楽です。

注意点としては、鞄の中で形崩れを起こしたり、ものを詰め込みすぎると膨らんでしまうことが挙げられます。

(リンク:長財布の商品ラインナップ

ファスナー付き

ファスナー付きタイプは、L字型やラウンド型のファスナーで開け閉めする財布のことです。

中身が多くてもクチをしっかりと閉めることさえできれば、中身が飛び出る心配がなく綺麗に収まります。
逆に中身が少なくても、綺麗な形を保つことができます

(リンク:ファスナー付き財布の商品ラインナップ

がま口

がま口タイプは、カエルの口のように広いクチをワンタッチで開閉できます。
とにかく中身が見やすく取り出しやすいので、機能性には非常に優れています。

また、がま口というデザインは年代問わず女性に非常に人気です。

(リンク:がま口財布の商品ラインナップ

財布の種類③:財布として代用可能なもの編

近年のキャッシュレス需要に合わせ、小銭やお札よりもカードの収納に特化した財布が増えています。
また、これまで財布として存在しなかったものも財布と呼ばれるようになってきました。

マネークリップ

マネークリップは、カードとお札の収納に特化した薄型の財布です。
お札とカードを非常に薄く収納できるので、ポケットに入れても嵩張りません。

男性に非常に人気の種類です◎

(リンク:マネークリップの商品ラインナップ

カードケース

元々カードの収納に特化したカードケースですが、近年のキャッシュレス化に伴い財布としても便利に使えます。
カードだけでなく折り畳んだ紙幣を入れておくことで、現金払いにも対応できます。

(リンク:カードケースの商品ラインナップ

キーケース

鍵を収納して持ち歩くためのキーケースですが、少しのお札やカード、小銭などを収納できるものもあります。
常に持ち歩く必要があるキーケースと財布を一つにすることでとてもスタイリッシュにお出かけできます◎

(リンク:キーケースの商品ラインナップ

まとめ

いかがでしょうか?
財布と言っても、あらゆる種類のものがありますね。

新しいお財布やプレゼントをお探しの方に、参考になればとても嬉しいです◎

(リンク:sot(ソット)の財布一覧はこちら