エキゾチックレザーとは

エキゾチックレザーとは、爬虫類を中心とした希少動物から採れた革をいいます。

一般的に革製品には、牛や豚、羊などといった「食の副産物」を利用した家畜の革がよく使用されますが、これらエキゾチックレザーはこれとは別の目的で育った動物の皮を利用しています。

エキゾチックレザーには爬虫類以外にも、鳥類や哺乳類の動物も含まれています。

主なエキゾチックレザーの種類は下記のとおりです。

  • 爬虫類(ワニ・トカゲ・ヘビなど)
  • 魚類(エイ・サメなど)
  • 哺乳類(象など)
  • 鳥類(ダチョウなど)

一般革について。革の種類や特徴を知る。

エキゾチックレザーの魅力

エキゾチックレザーの魅力は、唯一無二ともいえる特有のツヤ感と模様でしょう。

また、一般的にお手入れが難しい素材とされていますが、元々のきれいな発色や光沢を味わうことができます。

ただ、一般革とはちがい経年変化という面ではあまり大きな変化はありません。

エキゾチックレザーの問題点

エキゾチックレザーには昔から大きな問題点が存在します。

それは一般革とは違い、革を作るためだけに飼育された動物や、豊かな自然に生きる動物の皮を利用するという点です。

すべてのエキゾチックレザーにいえることではありませんが、製品作りのための飼育、そして乱獲が常に問題視されています。

また、革の価値は飼育年数が短ければ短いほど価値が上がるため、若い動物をお金目的で処分するという倫理面においても問題提起がされています。

ここ最近では、GUCCIやCHANELなどの多くのハイブランドがエキゾチックレザーの使用を中止しました。

sot(ソット)でも、製品を作るための動物搾取やワシントン条約抵触の観点から、一切エキゾチックレザーを使用しておりません。

ワシントン条約

  • 世界規模で全滅の危機に瀕する動物や植物の保護を定めた国際条約。
  • 世界90か国以上の環境省及び厚生省の大臣がアメリカはワシントンで国際刑事裁判権を持つ。
  • 違反者には懲役刑が課せられ、クロコダイルやトカゲなど約14種の動植物が対象となっている。

sot(ソット)のサステナビリティ。

エキゾチックレザーの種類

ここからはエキゾチックレザーの種類についてお話していきます。

まずご紹介するのは、エキゾチックレザーを語るうえで欠かせない爬虫類の革(レプタイルレザー)です。

見た目での特徴が大きいものばかりで、華やかさが感じられるでしょう。

ワニ(クロコダイルレザー)

ワニ革は、エキゾチックレザーの中で高価な革です。

特にクロコダイル革は高級品として扱われます。

独特のウロコ模様を活かした“肚(はら)ワニ”と、背の大きなウロコを活かした“背ワニ”があり、どちらもウロコの枚数が多いものや配列が整っているものが高価格で取引されます。

革の表情が豊かでベルトや時計バンドに使われています。

トカゲ(リザードレザー)

エキゾチックレザーの中で最もポピュラーな素材です。

比較的強度と厚さがあり、財布に使われることが多い素材です。

ワニ同様に美しいウロコ模様が魅力で、特にリングマークリザードと呼ばれるものはキメが細かく人気種です。

ヘビ(パイソンレザー)

繊細な見た目に反して丈夫な素材であるヘビ革は、模様やカラーリングがヘビの種類によって様々です。

斑紋がダイヤ型のものを「ダイヤモンド・パイソン」、石垣状のものを「モラレス・パイソン」と呼びます。

ニシキヘビが利用されることが多く、財布や鞄、スニーカーなどにも使われており、コブラの革は希少価値がとても高くなっています。

その他のエキゾチックレザー

その他エキゾチックレザーには哺乳類や鳥類の皮が使用されています。

ダチョウ(オーストリッチレザー)

オーストリッチはワシントン条約によって日本への持ち込みが禁止されている革です。

原産地の証明書が必要となるこの革は、エキゾチックレザーの中でも高級素材として知られ、表面の突起(クルマーク)が印象的な革となっています。

このクルマークはダチョウの羽が生えていた背中のみにみられる革の表情となっており、ダチョウから採れる皮の約40%程度にしかありません。

クルマークは密度が高く、大きいものになるほどオーストリッチの製品の価値は大きくなり、最高級のものは「フルポイント」とも呼ばれます。

鳥類ならではのしなやかさと軽量さで、女性人気の高い素材です。

カバ

マットで柔らかな風合いが特徴です。

原産はアフリカがほとんどです。

ゾウ

ゾウ独特のシワときめ細やかさに定評があります。

革は全体的に強くて丈夫です。

アザラシ

カナダ北東部のバッフィン島が一大産地。表面の美しさが特徴です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は一般革とは全く違う生産背景や特色を持つ「エキゾチックレザー」についてご紹介しました。

問題点の多いエキゾチックレザーは、きちんとした産地の確認や、自身の倫理観に基づいて購入することが大切かもしれません。

sot(ソット)では一切のエキゾチックレザーの取り扱いはありませんが、世の中に存在する革のご紹介の大切な要素としてご紹介させていただきました。

鞣し(なめし)とは。皮が革になるまで。