sot

menu

products

sot ≪数量限定品≫プエブロレザー
トライアングルペンケース

商品番号 so-z-0275
¥ 17,600 本体価格 ¥ 16,000
480 ポイント進呈
カラー
  • ネイビー 在庫切れ
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
商品番号 so-z-0275
仕様 収納目安:ボールペン5~6本
フリーポケット:1
付属品 保管箱
素材 牛革
縦(cm) 横(cm) 厚さ(cm) 重さ(g)
7 18 4.4 約 80
※サイズガイドはこちら

美しさにこだわったデザインに注目!
Twitterの企画から生まれたペンケース

※ 数量限定・完売次第終了となります。


◎詳細説明

素材には「プエブロレザー」を使用しています。

プエブロレザーはイタリア・トスカーナ州にあるバダラッシ・カルロ社でイタリア伝統の”バケッタ製法”により、一枚一枚丁寧な手仕事によって作られています。

このレザーはとても個性的で、表面をあえて擦り毛羽立たせた後、真鍮ブラシでその毛羽立ちを寝かしつけるように磨き上げて仕上げます。
最初はマットな質感ですが使うほどに色が深く濃くなり艶が出て、綺麗な経年変化が楽しめます。

特別なメンテナンスをせずに経年変化をさせることができる革なので、初めてレザーを持つ方でも安心してお使いいただけます。


数量限定の特別品となり、ネイビーカラーでお作りしています。

横から見ると三角形のペンケースになっており、上部にファスナーが取り付けられています。
ペンはボールペンの場合5本~6本程度収納が可能です。
収納環境については写真をご参照ください。

また、裏地にはプエブロシリーズをはじめ多くのsotの製品に使われている甲州織を採用。
肌触りがよく汚れにくい、そして破れにくいという特徴を持っているため、長く使うアイテムに最適です。


ペンをしっかり固定できるレザーバンドに加え、定規やフラッシュメモリーなどが収納できるマチなしポケットが1か所付いています。

ペン以外にも消しゴムや修正テープ、シャーペンの替え芯なども入れられる高さと容量を確保しました。
見開きのよい設計で、中身の取り出しやすさも魅力です。


内側には限定品の特別仕様として、シリアルナンバーとなる4桁の数字が刻印されています。

シリアルナンバーはご予約のご注文に限り先着番号順にご用意いたします。

また、ペンケースの底面にはゴールドの箔押し加工を効かせたロゴがあしらわれています。



ご注文の際に無料のギフトラッピングをお選びいただけます。
贈り物の際はどうぞご利用ください。

Twitterのフォロワーの皆様からの意見を元に企画されたこのペンケース。

sotのレザーペンケースは男女年齢問わず、多くのお客様に愛用していただいております。
今回のネイビーカラーは落ち着いた雰囲気で、職場で使う方にもおすすめです。

オンラインストアではどんな表情のペンケースが届くかを待つお時間もぜひお楽しみください。

革職人をも魅了するレザー。プエブロレザーシリーズ(pueblo)

プエブロレザーは、イタリアのトスカーナ州にある世界的に有名なタンナー「バダラッシ・カルロ社」によって作られるレザー。
イタリア伝統の”バケッタ製法”が用いられており、一切の化学薬品を使用せず、植物性タンニンで鞣された牛革に時間をかけて純度の高い「牛脚油」を加脂していきます。
一枚一枚の革が丁寧な手仕事によって作られ、非常に柔らかな触り心地の仕上がりになっています。

革の表面はとても個性的で、手作業であえて擦り毛羽立たせた後、真鍮ブラシでその毛羽立ちを寝かしつけるように磨き上げ、独特なマットな質感を出しています。
最初の状態は和紙のような手触りで、光沢はほとんどありません。

年月の経過とともに牛革の中の油分が表面に出ることにより、色は深く濃くなり艶が出て、綺麗な経年変化(エイジング)が楽しめます。
特別なメンテナンスをせずに経年変化をさせることができる革なので、初めてレザーを持つ方でも安心。

使用方法などにより経年変化の度合いが変わるため、革好きにも愛されるレザーです。

高級感漂う甲州織。400年の歴史を持つ伝統工芸

プエブロレザーシリーズ(pueblo)の裏地には、山梨県の伝統工芸「甲州織」を使用しています。

甲州織は、富士山麓から湧き出る伏流水で染色を施した細い糸を高密度かつ均一に織り上げることで作られています。
経糸に双糸(撚り合わせた糸)・緯糸に単糸(一本の糸)を使用するのが山梨県の織物の特徴。

光沢感のある奥深い色合いや上品で重厚感のある手触りや汚れにくい点など、現在も高い品質を誇っており、傘やネクタイなどによく使われています。

製品を長くお使いいただくために

  • 使い始めにクリームの塗布などを行いますと、革本来の経年変化が楽しめない場合がございます。ツヤや色に深みが現れてからのお手入れをおすすめしています。
  • ブラシでホコリ等を除去した後、クリーム等を薄く塗り、乾いたら乾拭きを行います。
  • 軽いひっかき傷程度でしたら、クリームを使用しなくても乾拭きをすると目立たなくなります。
  • 万一、雨や水に濡れてしまった場合は乾いた布で擦らずに軽く押し当ててください。

注意点

  • 素材の特性を最大限に活かすように仕上げています。その為、水に濡れた場合や生地との摩擦等で色落ちすることがあります。
  • 天然素材を使用している為、革本来に一つ一つに表情があり、色むらや風合いに多少の個体差が生じます。
  • シボやシワ、傷などにバラつきがありますが、その個体差、表情を味としてご提案しております。