JIYUGAOKA  

STORE TOP

STORE TOP

2018

15

Mar

革のお話 #2

 

こんにちは!

自由が丘店の海川です。

 

 

前回のブログに引き続き、今回も革のお話をさせていただきます。

 

本日は鞣しの種類について。

 

 

鞣し方法の違いによって、革の風合い、機能性が大きく分かれていきます。

 

鞣しには大きく3通りの鞣し方法が存在しています。

 

 

①タンニン鞣し

 

sotの商品の多くはこのタンニン鞣しを採用した商品です。

 

鞣し剤には天然の植物から抽出されたタンニン成分のみを使用している為、人体に影響を与えません。

 

多くの工程を行うため、時間とコストがかかりますが、

 

革に負担なく、丁寧に仕上げられるため、美しい仕上がりになります。

 

また、革製品の醍醐味ともいえる、【経年変化】が楽しめます!

 

ちなみに『革の匂いがする~』とおっしゃるお客様がいらっしゃいますが、

 

実は革の匂いはタンニンの匂いなんですよ!

 

 

タンニン鞣しを施したプエブロシリーズ

世界で唯一イタリアにあるタンニン鞣し協会認定の証明書。

 

 

②クローム鞣し

 

こちらは近年、主要な鞣し方法になっており、革製品の約8割がクローム鞣しです。

 

鞣し剤にはクローム化合物という金属を使用。

 

こちらは金属アレルギーを発症してしまう可能性がある鞣し方法になります。

 

しかしながら、タンニン鞣しの半分以下の期間とコストで革を鞣すことができる為、

 

価格が安く、柔軟性、耐熱性に強いという面もあります。

 

ただ経年変化が起こらないため、よくも悪くも表面は一定です。

 

表面は劣化していくものになるので、永くはお使いいただけません。

クロム鞣しを施したKDDIシリーズ

 

 

③コンビ鞣し

 

さて最後はコンビ鞣し。

 

こちらは上記の①と②のいい点を合わせた鞣し方法です!

 

近年注目されつつある鞣し方法だと言われています。

 

コンビ鞣しを施したZEBUシリーズ

 

以上3通りの鞣し方法でした。

 

sotでは①のタンニン鞣しの商品が多くを占めていますが、

 

②、③の方法で鞣された商品もご覧いただけます。

 

是非自分の好みに合った商品を見つけてみて下さいね!

 

 

 

皆様のご来店お待ちしております。



sot 自由が丘
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1丁目26-8 
キクモトビル1-D
03-6459-5511
https://www.instagram.com/sot_jiyugaoka

STORE TOP



STORE TOP

JIYUGAOKA

〒100-6590
東京都目黒区自由が丘
1丁目26-8 キクモトビル1-D
03-6459-5511
11:00~20:00 毎週水曜定休日

STORE INFORMATION

JIYUGAOKA

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘
1丁目26-8 キクモトビル1-D
03-6459-5511
6月30日をもちまして閉店しました
MAP

RECENT ENTRY

ARCHIVE

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

STORE LIST