DAIKANYAMA  

STORE TOP

STORE TOP

2018

25

Jul

ミネルバボックス

こんにちは。

sot代官山店の稲葉です。

 

レザー好きの方々にファンも多い、

sotでも人気の素材の一つ。

「 ミネルバボックス 」 についてお話したいと思います。

 

 

 

イタリアのトスカーナ地方にて1000年以上もの歴史を持つ、

世界的に有名なタンナー 「 バタラッシィ・カルロ社 」にて

伝統の 「 バケッタ製法 」という技法で1枚1枚丁寧に生産されている

「 ミネルバボックス 」。

 

 

生後2年以上のメス牛の皮を使用され、

100%天然の植物タンニンで鞣され、

皮を革にした後に 牛脚の油を含ませます。

 

一般的にオイルレザーは

早く浸透されやすくコストも抑えられる植物や魚の油が使用されますが、

こってりとしていて革に浸透しにくく時間もコストもかかる技法をあえてやっているのです。

 

浸透しにくい分 はるかに抜けにくいという事は

乾燥にも強く こまめにケアをしなくても長く革を守ってくれます。

そして使うほど色が深くどんどんと艶が出て変化の仕方が劇的です。

 

 

 

こうして時間とコストをかけて辿り着いた 唯一無二のバケッタ製法の革。

 

ミネルバボックスは、最後の表面の仕上げを

空打ちという 大きな回転ドラムに入れて革を揉みシボを出す技法を行っています。

 

表面の革の凹凸をシボと呼び、このシボを出すやり方は

薬品で革をギュッと収縮させるシュリンク加工は規則的で少し機械的な印象を持たせますが、

空打ち技法は、革本来の自然で不規則なシボであり、

部位や硬さによってもシボの出方が異なります。

 

こうして作られる表情はミネルバボックス特有の魅力と言えます。

 

画像のキャメルは、下が未使用で上が5年程使用したものです。

艶と色のトーンはもちろんですが、

同じミネルバボックスのキャメルでもシボや表情が全然違いますね。

 

 

これらは2~8年は経過しているお店の大切なサンプル達です。

レッドは ボルドーや焦げ茶を連想させるような深みがかなり出ています。

ブルーは、役目を果たした後でお店のサンプルとして

照明や陽を沢山浴びて過ごしているので、

通常のブルーの使用後よりもグレイ色寄りになっているかと思います。

 

 

 

sotのミネルバボックスの財布や小物達は、

キャメル・ダークブラウン・ブラック・レッド・ブルーの全5色です。

 

サンプルに興味がある方はどんどんお声かけ下さい。

展示していないサンプルもご要望に応じて喜んで出しちゃいます。

 

 

 

sot 代官山
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-9
H.BLD.DAIKANYAMA 1F
03-3476-8016

 

 

 

so-z-0168  ミネルバボックスカードケース      ¥10,000+TAX <ZOZO>

so-z-0146 ミネルバコイン&キーケース       ¥10,000+TAX 

so-z-0072 ミネルバボックスパスケース       ¥4,500+TAX <ZOZO><楽天>

so-z-0099 ミネルバラウンドジップカードケース   ¥9,500+TAX <ZOZO><楽天>

so-w-0033 ミネルバボックスLZIPミニウォレット   ¥9,000+TAX <ZOZO><楽天>

so-w-0083 ミネルバラウンドジップロングウォレット ¥25,000+TAX <ZOZO><楽天>

(右上から左に順番)

STORE TOP



STORE TOP

DAIKANYAMA

〒150-0034
東京都渋谷区代官山町
20-9 H.BLD.DAIKANYAMA 1F
03-3476-8016
12:00~20:00
金曜日12:00~18:00

STORE LIST
ARCHIVE

STORE INFORMATION

DAIKANYAMA

〒150-0034
東京都渋谷区代官山町
20-9 H.BLD.DAIKANYAMA 1F
03-3476-8016
12:00~20:00
金曜日12:00~18:00
MAP

RECENT ENTRY

ARCHIVE

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

STORE LIST